★久しぶりにブログを書く2020年09月19日 23:05:06

蝶(9月9日)
▲8月26日以来である。特に書きたい話題もない。特に2007年に終えた私の旅の記録の書き直しに集中していたことが大きい。それがもうすぐ終わる目途が立った。目標は毎日旅の記録1日分を終えることだったが、コロナのお蔭でそれが可能だった。誰も訪ねて来ないし、自分もストレス解消に往復1時間半の自転車行を繰り返すだけ。店もほとんど寄らず、人にも会わず、ひたすら電動アシスト車を漕ぐのみだった。実はこれが楽しかった。大敵は雨であるが、夏の雨はミスとシャワーと割り切っている。ただいつぞやは、雨の中、少々だろうとたかをくくって出かけたら、とんでもないドシャ降りで、肌まで水に濡れた状態で帰り着いた。
▲私の作業中に私のパソコンは嫌がらせを繰り返した。
①ワードは、私が修正部分を考えていよいよ打ち込む時、急に「自動保存」を始める。終わるまで私はイライラ。終わって毒づく。それはなんと何故か日本語入力(右下に出る「あ」)が出来なくなる。これはいつもではなく何らかのタイミングで起きる現象。そこで居並ぶファイル名を、2つぐらいクリックすると、画面右下に「あ」が出る。それからワードに戻る。解決は簡単である。「自動保存」をストップすればよい。でもそれは迷う。
※今、「まよう」と打ち込み、「変換」したら、「●要」と出た。すぐ「迷う」に替えた。誤変換の親切なご注意が来た。監視されている?
②エクセルはあるファイルの場合、時々応答しなくなる。固まっていて矢印キーで動かない。入力もできない。ただマウスでセルのクリックはできる場合もある。そこでほかのエクセルファイルを動かしてから戻ると回復している。
③ときどき入力が文章中でできなくて、画面の左上に小窓ができて、そこに打ち込むことになる。知らないうちに元に戻っている。
▲間もなく9月24日が来る。明治十(1877)年西郷隆盛終えんの日である。私の資料から一文を。
9.第四旅団★最後の塁攻む:(9)
①賊尚ほ一塁(鮫島元吉の邸前に在る者)を保つ、援隊の森林中に在る者之を包撃す、賊益々窮す、此際西郷隆盛の屍(頭顱なきもの)を路上に得たり※鮫島元吉(鹿児島市城山町12番、JR日豊線)
②此時賊四圍の攻撃を受け、悉く谷口の一塁に聚り抗戦す、我兵之に死する者亦尠からず、此塁や形偃月を成す、狭小にして衆賊を容るるに足らず、衆賊蜂擁集銃剣戞撃肘臂支吾し、人々自ら闘ふ能はず
③是に於て兵を分ち塁上の邸趾より銃槍を以て迫り吶喊して衝突す、継て諸軍四面より至り銃口を攢めて一塁を注射し、終に之を鏖殺す、賊皆二三弾の傷痍を負はざるなし、賊魁蓋し此に斃る
④阪元少佐等屍を撿して桐野を得、尋て又村田新八・桂久武・池上四郎・別府晉介・邊見十郎太・高城十次郎・郷田正之丞・山野田一輔・岩元平八郎・蒲生彦四郎・石塚長左衛門等以下40余名を得たり(賊魁の屍は悉く其首を刎たり)
⑤諸軍乃ち凱を奏す、時に7時30分なり【30064205●巻64城山戦記】
◎この日山縣参軍以下の幹部は主要人物の首実検をする。そして城山には見物人も入り込み、療養中の兵士は大変困惑したと日記に残している。
▲蝶はコロナには関係ないのか。今もまだ時々飛んでくる。写真は9月9日、我が家の庭で。

★エクセルの不調は何が原因なのか2020年08月26日 22:20:50

雨に打たれる蝶
▲常時エクセルファイルを4つ以上起動させて研究作業をする。ワードは1つだけである。エクセルの悩みはその「氷結」だ。それは常時発生する。全ファイルでと言いたいが、主に私の旅記録の3504行・22列のファイルでよく発生する。
●突如、セルの字句の編集ができなくなる。クリックしても動じない。矢印キーの上下左右も動かない、セルのクリックはできるが。
対策:ほかのファイル2つか3つを連続クリック(別に何の作業もしない)、そして元のファイルに戻る。ご機嫌回復である。
●入力中に何か文字を入れる(数字も)と突如、求めてもいないほかのファイルが立ち上がり、入力画面となる。
対策:なし。黙って元のファイルに返る。心配なのは私が打ち込んだ文字や数字は空中に消えたのか。そうではなく、もし立ち上がったファイルのどこかに打ち込まれていたら資料が破壊されることもありうる。
●これは関係ないが、DELL機がうるさい。熱も高い。電磁型コロナか。まさかDELL機は武漢で製造しているのでは。
対策:熱さましシートでも貼るか。
▲今日は大雨の中、庭を眺めていたら1匹の蝶が雨に打たれながらも花に噛り付いていた。他方あれほどうるさかったセミはただの一度も鳴き声を聞かなかった。家人とは「セミは終わりか?」と話している。画像は雨に打たれる蝶。

★続また画像が&私の最古のポータブルHDD(画像)2020年08月21日 23:17:59

▲旅の記録の整理作業は、11日目神戸三宮まで終えた。地名・建物・会社・道路・川と橋の再確認を繰り返している。頼りとなる旅写真にはこの日も振り回された。画像の名前を変えたと思っていたのにそうなっていなかったのだ。前回ブログに書いたあの作業をする破目になった。経験が生きてか割合早く済んだ。今回は画像は日付4ケタの後に4ケタの数字が順序よく並ぶようにした。ミスは下4ケタが「0005-1」とかの形があったことだった。これが「0005」と関係ある画像であれば分かる。実際はこれは確か「0039」と変えることになった。その原因は不明、究明もしない。
▲HDDは37.2GB、現在24GBの空きがある。最新は2018年6月のファイル。2年近く部屋の隅にぶら下がっていた。製品仕様は株式会社バッファローで、MADE IN JAPAN・消費電力2.5W(平均)・DC5V・「注意:ACアダプタは、「AC-DC5」を使用下さい。」となっている。そして「Windows98/98Second Editionをお使いの方へ」とあり、ドライバのインストールが詳しく書かれている。何故か有難いことに全ての字句がきれいに保たれている。当然過去数台のパソコンに繋がれたが、「ドライバのインストール」など以後は一度もなく、無傷・無故障である。それに引き替え外付けHDDは何台壊したか覚えていない。ただの一度の転倒で終わった短命の物もある。だから彼らは今も机にガムテープでくくられている。
これを久しぶりに活用する、先ずは今入っているファイル・フォルダーを先ず「2020年8月18日以前」というフォルダーを作って入れ込んだ。そして最新3ファイルと1フォルダーを入れ込んだ。無事終了。ただご老体のせいかいささか呼吸が荒いようだが。
特徴は電源用のUSBコードが付いていることだ。何故か何年も使用した覚えはないのだが、当初は必ずUSBに繋いだものだ。

★Picasaの基本画像が正しく並んでいない ▲2020年08月13日 18:23:17

旅歩きで撮りためた4000以上の画像を使って、旅歩きの記録を再確認している。最早自身の歩きの記憶などほぼ確実ではない。
この日は高岡町(現・宮崎市高岡町)から佐土原(現・宮崎市佐土原町)まで歩いたその第3日目の記録を見ていた。そこで記録に不審なところは画像で確認することにした。
●その画像は2002年と2006年の撮影順に整然と並んでいる。私の記憶では画像は全て「名前変更」で最初の画像は、歩いた年=2002」・「月=11」・「日=19」を元に、1番目の画像は「20021119001」で、最後は「20021119067」であるべきだった。
●調べて見ると私は第1日目から5日目まで(鹿児島から宮崎までのコース)では、全て同じ以上のような「名前変更」作業をしていない。第6日目から最後の第46日目の日本橋到着までは、少し表現が違うが基本的にそうなっている。
●宮崎県日向市の細島を目指して歩き始めたのは2000年(第1日目・第2日目)、次は2002年(第3日・第4日目)、さらに2003年(第5日目)と4年掛かっている。そして第6日目から第38日目までは2006年、第39日目から第46日目までが2007年。
●私が初めてデジカメを買ったのは2002年。だから2000年の2回の歩きは画像がない。すべては後年撮影に行ってあつらえたものだ。それなら2002年からはちゃんとできている筈である。
しかし違う。宮崎までの参勤交代路は誰の研究もなく部分的に地元の研究家のみが知っている。それが今のようにネットに出ている時代でもない。私は手探りで歩いた。一番の友は道路地図だ。つまり相当ミスが多く、2006年年末までに再度の歩き、写真撮りまくりに出かけた。これが画像(写真)の混在の原因だ。混在していても今まではPicasaを使用する時には順番に並んでいたから別に不自由はなかった。
画像の順番とPicasaでの順番とは別物と思っていなかったのは大きなカン違いであった。
●結局、今回の第3日目の写真には頭に「1001」からの番号を付けて、名前を書き換え、最後はPicasaの「files」を書き直して何とか上手くおさまった。残り4日分はそのままにしておくつもり。
▲画像はその書き直しの一部、「1001」から「1016」まで。ところで2002年以来のカシオ機は2006年第37日目の旅途中で落下、破損した。キャノン機に替えた。

★新しい作業は平成の歩き旅の記録の訂正2020年08月09日 23:14:15

▲西南の役の未解明1090余にまだ未練は残ったままだ。新しい作業が宮崎までの旅の記録なので、偶然の出会いがあるかもと思いつつ。
 参った。作業に必要な4つのPDFフォルダー(先頭に1・2・3・4が付く)のうち2つが見つからない。「1・2」だ。意外に早く「1」が見つかった。しかし「2」は朝から何度か探してついに、「ここに入力して検索」で大捜索。「4」が見つかっただけ。夜に入り再度捜索開始。作業中のフォルダーの中に変な名前のフォルダーがある。「移動先」で始まるフォルダーだ。ここで思い出した。「3」と「4」を作業するのにジャマだとしてこのフォルダーを作り、この中に「1・2」関係諸資料を入れ込んだのだった。
 かくして作業の体制は出来上がった。
▲西南の役資料は一応終ったので、成果資料を同志諸氏と共有したいと思いDropboxの「共有」を試みた。ネット情報を元に行うが、何とも分かりにくい。いつも思うが、何で人が分かるように記事が書けないのか。結論はいつも同じ。理系人間が記事を書くからだ(持論)。負け惜しみではあるが本当に分からない。「共有」をクリックで終わりにしてくれ。実は数年前遠くの家族に資料を印刷して送る代わりにこれを用いて送付していた。ただどうやってそう出来ていたのか覚えてはいないが。
 代わりにOneDriveで試みた。こっちが「共有」が簡単のような感じがしたが、まだ挑戦はしていない。理由はDropboxの無料容量が2ギガに対し、OneDriveは5ギガだ。だから私はUSBカード代わりに使っているのでこちらは自分用に残して置きたいのだ。Googleのドライブは無料は15ギガでこれはもう10ギガ使っている。これは使いづらい。マイクロソフトを嫌っているような感じである。
▲知人のメールが見事な文字化け。仕方なくメールソフトを使うことになり、Outlookを初めて使用することに。受信・送信情報を打ち込んで何とか使うことに。私はWebメール主義者なのに。次はオンライン会議を作ることに挑戦したい。ひょっとして「共有」は不要に?。
▲未練たらしく1877年7月28日の官軍別働第二旅団の行動記録より。
●是に於て我軍已に悉く漆野・一之瀬・陣之尾の賊を破り、長駆して綾に入り、第四方面兵大平山に拠て哨兵を布く、第二方面兵其左に連絡し川に拠て防守す、第五方面兵又其左三ノ宮より割付山に至るまで守備す※大平山(綾町南俣、県道353・内山川)※三ノ宮(不明、綾町南俣か)
◎「三ノ宮」は私は地名と思い込んでいた。これがネット情報をやり繰りする中で以下の正解を作成できた。
※三ノ宮(三宮ミツノミヤ大明神社、現在は綾神社、綾町南俣)
ほかの地名の説明がないのは、同日付けの先行記録にすでにあるから。
▲画像は私が一番綾に近づいた時の画像(2006年)と2019年のストリートビュー画像との合成。私の旅歩きの3日目に相当する。実は歩いたのは2002年11月19日で、画像は2006年後半を再度歩き直した時のものである。歩き直しは止むを得なかった。当時は情報は道路地図だけであった。