★バージョンアップとOffice365解約2020年01月22日 23:47:55

▲この日はmouse機で「設定」から「更新とセキュリテイ」をクリックした。目的は「回復」だったのだが、画面には幾つかの「保留中」が残っていた。そこでそれらを動かすことにした。理由は私のWindows10のバージョンが「1803」だったと分かった。今は余り使わないFRONTIER機すら「19○○」なのに。「自動」でアップすると思いこんで気にもしていなかった。どうやらその「自動」を止めたらしいのだが、記憶にはない。止める理由もない。
①早速解除された「保留中」が動き出し、インストールが始まった。一つ終ると今度は「再起動」保留になる。ほっといて次の「保留中」を動かす。こうして3つを動かした。後から2つほど新しい「保留中」が出て来たので同様にする。ところが最後に大物が、「1903」へのバージョンアップが出て来た。これは時間が掛かるので、私は眠ることにした。朝起きたら、何回か再起動を繰り返したのだろうが、終っていた。早速バージョン情報を確認した。
②確認も出来たので安心して終る。実はここがポイントである。「終了」の動きが安定していないからだ。ここ数日は終了したのに電源のボタンが光り続けている。繋いだUSBへの電流がバッテリーから出ている。仕方がないので、ボタンを長押しして消す。ある所で、係にその行為はとの警告を受けたが、止むをえない。では今日はと思いつつ、「スタート」→「電源」→「シャットダウン」と進み、様子を見る。「消えた!?」。でも次は分らない。
▲mouse機とDELL機ほぼ同時に「一時ファイル」の削除を始めた。DELL機は早々に終ったが、mouse機は遅れること15分、やっと終わった。
▲mouse機はOffice365のサブスクリプション定期購入契約であった。それはおかしい。確か正規のそれがあった筈だ。サブスクは別2機のための契約だったのだが。この前それは確認できた。そこで、本年11月以降は契約しないことにした。その作業も終わった。Mouse機からOfficeが一時的に消えるのも覚悟の上である。DELL機にあるから支障はない。ワード・エクセルを表示することが出来れば、それでいいから。マイクロソフト側は親切にも、いつでも再開できるとしている。

★我が旅記録修正中2020年01月13日 09:33:20

▲2000年に私の江戸へ向けての旅は始まった。そして2001年夏に再開するはずの旅は母の入院騒動で挫折。以後2003年までに宮崎県日向市までの歩きは終わっていたが、本格的に再開したのは2006年夏、そして2007年4月に終った。
▲2006年夏、巷には「熱中症」という言葉が流行っていた。私の旅は宮崎県から離れ、兵庫県へ移動して始まった。
①2006年になった理由は私がまとめていた参勤交代(私は参覲交替と呼ぶ)の研究作業が一段落したからである。
②私の選んだ参勤交代路は日向路ルートであり、このルートでは宮崎県日向市細島から出帆して、姫路市坂越(さこし)以東の地に上陸する。以後は山陽道、京街道、東海道へとなる。
▲2006年6月11日(日)、朝7時に鹿児島中央駅を出て、姫路に着いたのは12時過ぎ。ホテルに手続きした後すぐに坂越に向かった。かくして最後の挑戦が始まった。この日は相生市まで歩いてホテルへ帰った。そしてこの日のうちにエクセルで手帳を元に歩行記録を作成した。手帳には地名(建物)・案内標識・国道名・県道名を記し、時刻と歩数が記録されている。数分毎に記録してある。また同時にデジカメ(2002年購入)で写真を撮りまくる。旅は1回に約1週間続く。エクセルでの作業は必ずその日毎に済まして2重・3重に保存する。写真は帰ってきてから旅の文を記述する時に参考にする。私の1人旅であることもあり、写真に私が写っているのは総数4000枚以上の写真のうち1枚のみだ。背に日の光を受けて、片手で前方を写している私の「影」である(画像)。
今、それらの文や表を修正中である。
※画像は高鍋町小丸川へ向かう途中の1枚。

★関門トンネル人道突破なる2020年01月04日 10:49:35

▲福岡県に3日旅した。2日目に前から行きたかった門司へ向かった。九州最北端の地を見たかった。門司港駅で降りてしばらく散策する。海峡を渡る船もあるのでそちらへ向かう人もいた。計画ではここからトンネルを通って下関へ行くことなので、バス停のある駅前に引き返す。
 バスの乗客のほとんどは観光客で、老若男女様々。アジア系の方もあった。バスは74番だと分かったが、行く先の違うものがあるので必ず「和布刈(メカリ)」行きと確認するべきだ。13分で関門トンネル人道口バス停に着く。先ずは、建屋はないが海に向かって立っている和布刈神社鳥居下で記念撮影。親切な美人姉妹が撮影してくれたので、お返しに撮影してあげた。
 入ると(入場料無料)、すぐエレベーターがあるので乗って下へ降りる。いつものクセで、乗ったらその扉の方向に身体を向けていた。ところが出口は私の背中の方向であった。いろんな案内があるので記念撮影数枚。いよいよ歩き始める。道は高さもあり、幅は3mぐらい、ペンキで区切られた往復の道、長さは780m。下関方向の矢印を確かめて歩く。初め500m余は下りである。情報にあったようにここをジョギングする人が結構多い、親子連れも走っている。下関側から来る人も多いが、歩くのに支障はない。途中に「福岡県・山口県」の境界線があって、記念撮影する人で若干混み合う。スキを見て私も撮影した。ここを越えると後半380m余は少しづつ上がり始める。その状態は終了地点が見えても続く。後〇〇〇mの案内があるところで、きつくて一瞬深呼吸一番、立ち止まって休んだ。目の前を幼児が走って過ぎた。
 出口の下関側もいろんな案内がきれいである。再びエレベーターに乗る。そしてまたいつものクセが出た。下関側にある平家滅亡の壇ノ浦古戦場、幕末の長州藩砲台などを見学する。大きな大砲から音と白煙が轟く演出が観光客を驚かす。
 時間の関係ですぐ下関駅行きバスに乗る。見たい場所も次々現れるが、途中下車することなく駅へ到着。今度は本物の関門トンネルを通って門司駅で再び門司港駅に乗り替える。この判断はミスだったかも。門司港レトロ名所巡りは疲れた身にはきつすぎた。駅前の店で有名な焼カレーと地ビール1杯だけで終った。店に列車時刻表があり、まだ間に合うと駅へ急ぐ。そこには発車寸前の久留米行き快速電車があり、息を切らしながら飛び乗った。実はこの電車は時刻表のそれより少し前のものであった。電車は大変混んでいた。13時03分門司港発の電車は14時34分、10分遅れで博多駅に着いた。遅れた原因は車掌の説明では踏切で車が立ち往生しているとのことだった。是非罰金を取ってほしい。
▲画像は人道門司口にある撮影スポット。前や横に立って記念撮影する。

★年賀状印刷はエクセルで!!2019年12月28日 08:40:43

▲年末なのに、年賀状作成が終わった今では役には立たない作業をした。先ずエクセル住所録をつくり、その表の最右の「頭書番号」を打ち込めば、「郵便番号」、「住所」、「姓名」、「名前」が自動的に出るように工夫した(画像参照)。
①セル構築は、先ず横列のB列からP列までを幅「1.93」にする。その後H列は幅を適切に狭める。I列には「-」を入れて極小幅にする。2つの幅は慎重に調整を重ねる。
調整のため10数枚古いハガキを使い試し刷りを繰り返した。なんとか上手く赤い枠7つに入るようになった。
②郵便番号の部分の高さ(1行目の高さ)は「28.2」、ほか16行は「24」に揃えた。
③住所で解決できなかったのは、住所録で「10-6-2」の表示の「-」が縦にならないことで、今回は「-」は全て「の」の文字に替えた。
④目玉は名前の横、我が家では通常は妻か夫の名を書く。画像では妻「ガラシア」の名が無いが、並べるときれいに揃えることが出来るようにしてある。何せ私のあのソフトでは、名前が画像での苗字「明智」の横に並んでいた。たしかに夫妻共に同文字数の時はきれいに並ぶ。しかし、文字数が違うと上手く設定することが、私には出来なかった。
▲上記④に於ける憤怒がこれを作らせた。残念なのはエクセルでは使える字体に筆書きのものが見当たらなかった。その字体はひょっとしてソフト会社で独占している?
 まあ、そのうち何とかなるかな。
▲完成した画像と同じものが実際は縦に連続5並ぶ。それをまとめて印刷範囲とすると、5枚連続印刷できるようになる。最後に、印刷機との絡みでの、縦・横その他の調整が必要だということである。
※製作の参考にしたのは既に作ってあった各種封筒での事例。

★年末恒例の年賀状印刷トラブル2019年12月26日 04:35:06

▲このトラブルは何かとあり、毎年恒例である。毎年1日朝から夕方まで大騒ぎする。もう止め様かと思う位だ。さて、2019年は以下の通り。
①昨年、長年したしんだ「某G」から、以前使っていた「某M」に戻った。今年はDELL機に「某M」をインストールしようとしたら、出来ないことが分かった。そこで出番はmouse機に廻ってきた。
②「某M」を起動する。こんなに動きが遅かった?…。それに昨年使った筈だが、全く記憶がない。一番迷ったのは画面に「印刷」のクリック箇所が3つある。これが一番右の1つだけでいいとわかったのは、相当血圧が上がった後だった。
 何とか最初の人の郵便番号・住所・氏名の表書きが印刷できた。
③そこで、裏の挨拶文と適切な画像入りの一番のポイント部分に取り掛かった。ところができない。確か昨年はこの部分は「某G」でしたような。そこで、今年はふと思いついたのが「ワード」。その1例文を作り変えて印刷、OK。
④今年はエプソン機で印刷と決めていた。インク切れで5千円相当買いこんでいたので勇んでかかる。突然「オフライン」と。「電源」・「コード」の確認をとの警告に従うこと10数分。
⑤あきらめて、別室の重いキャノン機を運んで来てセット。「コード」はエプソン機から奪って繋いだ。
⑥やっと完成した。ところが宛名ミスが数例見つかった。それは、夫の名が「2文字」、妻が「3文字」だとバランスが悪いのだ。このような方の年賀状は、仕方なく妻の名を外す方法でしか対処できなかった。「宛て」に出来ないソフトだ!!
◎結論:
(1)私はかかるソフトに日本全国津々浦々の住所など教えてもらう必要はない。大げさ過ぎる、だから動きが遅くなる。私の作った住所録分だけで十分だ。
(2)裏の絵柄や挨拶文は、過去数年分の挨拶文を残しておいてくれたら、それを繰り返して使う。余計な多くの機能などムダ。
(3)次のような毎年恒例のソフト(500円以下)が良い(市販物に近いものがあるが)。
①使用期間12月15日から1月15日、以後は使用出来なくする。
②裏の絵柄や挨拶文は数例に留める。十二支など不要、今年の分だけで結構。
最後に、
実は年賀状印刷では、さらに1枚の、別な形でのミスがあり、1枚だけ印刷し直すことにした。ところが「オフライン」警告が続く。確認・繋ぎ直し数回。反省数分。試しにとコードを取り換えた。そして見事印刷出来た。先のコードは即廃棄した。何故こんな物が急に壊れる?