★年末・年始は福岡で過ごした2016年01月01日 22:27:55

▲31日朝8時の列車は割合空いていた。いつもなら、「しまった」一便早い特急で行くべきだったと後悔するところだ。中央駅で朝食用弁当を買い込む。しかし今日は新幹線待合合間の「うどん」は遠慮した。博多駅からは先ずホテルへ。天神方面バスは混雑しそうだったので、次のバスに乗ったが意外と混んでなかった。柳橋バス停で降りると、道路向かいの賑わいの目を奪われ、本年末最後の撮影の開始、ここは名の知れた、「柳橋商店街」。賑わいに誘われ、様子眺めに入り口近くの店へ。家人の話では料金は「正月料金」とか。ホテルに着くと自動ピアノが迎えてくれた。
▲年末最後の研究作業は、1877年8月3日の項である。7月31日宮崎・佐土原から追われた西郷軍は防戦体制の構築が遅れ、遂に官軍に追われて美々津の対岸へ、大河耳川を頼りに防禦した。官軍は耳川上流の渡河による日向細島奪回を優先する。結果的にはこれが後に耳川北岸の西郷軍の撤退を生む。
●「征西戦記稿」8月2日より
概説:取美々津細島:(23)
①高鍋の賊既に敗れたりといえどももわずかに10丁余を退きしのみにて小丸川を隔て塁を築いて防戦せんとす、我防禦線は別働第二旅団高城街道より、第四旅団都濃(都農)街道より、各海岸に至り、中央は第二旅団・第三旅団が当れり、
②ここにおいてさらに美々津・細島攻撃の兵を部署する左の如し
別働第二旅団は尾鈴山の東北面及び南西面の二路より尾鈴山を越え、水清谷を占拠し、鬼神野官道の中間に突出し、神門及び鬼神野を攻撃し、尾崎の兵と相応じ、直ちに方向を転じ、細島本道に向い、急撃突入し、その上渡川・銀鏡谷・横平谷等の兵は丸山に向う
※尾鈴山(1405.2m 、都農町川北)
※水清谷(ミズシダニ、旧南郷村水清谷、国道388・水清谷川)
※鬼神野(キジノ、旧南郷村鬼神野、国道388・小丸川)
※神門(ミカド、旧南郷村神門、国道388・小丸川)
※尾崎(椎葉村大河内、国道388・小丸川)
※細島(日向市細島、県道23・細島港)
※上渡川(カミドガワ、旧南郷村上渡川、県道39・渡川)
※銀鏡谷(銀鏡シロミ、西都市銀鏡、県道39・銀鏡川)
※横平谷(横平、西都市上揚、県道39・横平川)
※丸山(「地名箋」向丸山ムカイマルヤマ、日向東臼杵郡上渡川村)

★今年の初参りは住吉神社2016年01月04日 01:41:19

姶良市加治木町日木山川土手の菜の花
▲ホテルは初詣出用のバスを用意しており、従業員の扮する獅子舞の送られて発する。そのバスの出た直後私たちは歩いて住吉神社へ向かう。数分で春吉公園通りに出て、同公園を抜け、春吉小学校脇を通り抜けて行くと、那珂川に架かる赤い欄干の住吉橋がある。南には柳橋が見える。勿論あの名店街入り口も。橋を渡って数分掛からず神社西入り口へ、こっちは人の出入りは少な目である。手を清め社殿へ向かうが大変な混みようだ。係のマイク指示に従い、中心列から脇へ脇へと動くと、難なく拝殿へ着く。二礼二拍一礼して、少々のお賽銭の割には多大な幸運をお願いする。終って家人は直ぐにお守り等買い求めに動く。かくして今年一年の安全・健康は守られる。
▲大晦日と元旦の写真を現像しようとセブンイレブンへ行った。以前1回経験しているから簡単なことだと思っていた。現実は何ともドジの連発。
①一度目:SDカードを入れると、何と56枚あるはずの画像が25枚しかない。パソコンからのコピー忘れ。
②飲食コーナーのテーブルでパソコン(たまたま持参していた)を開いてコピー。ところが、元のフォルダに再コピーしたらしく、ファイル名のあとに「コピー」とついたものが混在してしまった。
③それを数個単位で削除して行く。
④二度目:やっと出来上がり、画像印刷へ。ところが、何を血迷ったかカードには画像はない。パソコン上のフォルダからコピー忘れ。
⑤再度パソコンを起動、今度は確実にSDカードに入れ込んだ。
⑥三度目:機械を操作して印刷が始まるが、その時何故か間違って「中止」ボタンを押した。たった2枚印刷で一度終る。
⑦四度目:やっと印刷が始まった。56枚の印刷には十数分かかったような感じ。

★初笑いはNHKだった2016年01月08日 02:48:50

今年の初七つ星が網掛川を渡る
▲福岡行きが決まっていたので、テレビの正月番組を精撰してビデオの録画予約をしていた。
①初笑い1
 久しぶりに高専ロボコンを録画した。ゴムホースを輪にして飛ばしてポールに掛ける。何とも原始的な遊びだが、高専生のアイデアには脱帽。そして初笑いは、NHKの番組宣伝のテロップ「ホースの覚醒」。
②初笑い2
 昨年はうっかり予約忘れでガックリしたのが新年には欠かせない、ウィーンからの新春コンサート。今年はバッチリ予約していた。ゆっくり見ようと2日掛かりで楽しんだ。そして初笑いは番組最後から2番目。大好きな「美しき青きドナウ」が始まった時だ。解説の字幕が出て来た。そこにあった、「オーストリアの第2の国家」と。
▲研究作業は、官軍が連雨で暴漲した耳川(美々津川)の上流を突破して、遂に富高新町(日向市)に突入した部分である。時は1877年8月7日。
●別働第二旅団★山陰の戦(3):(7)【「征西戦記稿」巻57美々津戦記】(文章は編集してあります)
※この部隊は耳川の日向市東郷町山陰(ヤマゲ)の東郷橋辺に渡河し、現国道327を北上した。
①午後3時、攻撃ますます急なるなり、賊またよく拒ぎ屈せず、時に砲隊また既に川を渡って山陰に来る、山内少佐乃ち栗原少尉に命じ、山砲2門を左右に配置して、前面の諸塁を射撃せしむるに、ことごとく的中し堡塁を破壊す、賊すこぶる困む、我兵いよいよ勢いを得たり
②赤塚源太郎は附属隊の一半を率いて後にあり令を待つ、岡本大尉これを率いて戦列に出て、励して曰く「今、銃槍を揮って突進せば、これを破るは必せり、汝これを勉めよ」と、赤塚声に応じて起つ、諸隊吶喊斉しく進む、大谷中尉の隊後にあって賊を乱射し、左右の横撃を支える、長尾大尉は賊の狙撃に遭い、胸部を貫かれて死す、赤塚もまた負傷す、死傷数人に及ぶ、我兵屈せず、弾丸雨注の間、屍を踏んで突進す、玉川少尉・藤井亮軍曹及び山内種徳(附属隊二等取締)・鈴木彌助(同三等取締)等兵10余人と竹柵に迫る、賊の射撃ますます甚し、玉川・山内等竹柵を切り、これを排して入る
③磯村・小山の隊は左側より進み、倉知中尉等の兵は右側よりし、正面の塁に迫る、小野崎中尉の半中隊正面の左なる竹柵を切って進み、賊塁の後に出て斜に射撃す、賊遂に拒ぐこと出来ず、兵器・糧食を委棄して潰走す、両隊相合し、追撃甚だ急なり、賊紛々散乱す、諸隊尾撃して進む
④彌助及び川田水穂兵卒7人と先駆して富高新町に入る、諸隊継ぎ進む、時まさに黄昏なり、この日発射せし砲丸50個、銃丸毎中隊1500乃至2000個

★七つ星in重富2016年01月14日 23:17:13

ここでは乗客は錦江湾と桜島を望める
▲今日の研究作業が一段落したのは午後1時。出かける準備している内に行き先を決めた。久しぶりに七つ星撮影に重富へ行こうと。我が家からは車で15分強、自転車では45分だが、往復90分は今の私にはきつい。特に寒気が強いと背中の汗が冷えて来て困る。今日は昨日より暖と考えたので愛車(自転車)で出る。
時間帯から「隼人の風」が鹿児島から来るので、別府川橋上で待つ。来た、ただし、2両編成の1両目が黒い本来の車体で、2両目は普通の列車だった。どうやら、前にも見たから、土日祝日のみが本来の車体か。思川の橋を行く時、いつも七つ星を歓迎をする方々が堤防上で準備中だった。私の狙いはすぐ先の陸橋。ここからは望遠で撮れるし、すぐ切り替えてまだ1・2枚は撮影できる。何故なら七つ星は歓迎に合せて鉄橋上でスピードを落とすから。撮影後私は今度は最後のポイントへ急ぐ。七つ星が重富駅で列車待ちをしているからだ。ポイントへ着いて大分待ったころ鹿児島からの特急が来た。そしてしばらくして七つ星が来た。
▲撮影が終って帰る準備をしていると、お仲間らしい方が来られ、しばし談義。どうやら七つ星追っかけ組の方らしい。昨日は霧島の大窪で撮影したとか。そしていつも思うが、よいカメラを持っておられるなあと。
▲研究作業は1877年8月14日の項だった。この日の記事にもあったが、第一旅団・第二旅団・第三旅団・第四旅団・別働第二旅団・新撰旅団が今や延岡に集中する。そして旅団同士の競り合いが微妙な軋轢を生む。心配症の山縣参軍は調整に懸命となる。
●資料より(一部読み易く変えた)
山縣参軍誡めて曰く「今や敗賊熊田に麕集し、他方豊後口の兵北よりこれを蹙す、卿等また南よりこれを衝かば賊ますます窘縮し窮鼠反噬のこと必ずあらん、卿等宜く意をここに注ぎ、躁進蹉跌するなかれ、攻むべくんばすなわち攻めよ、不可なればまた敢えてするなかれ」と 
しかし官軍はもう勝利は目前、そのためか川村参軍・西郷中将(西郷隆盛の弟)もやって来る。いよいよその決戦8月15日の項に取り掛かる。
 この研究作業は官軍情報のみの作業で、8月17日の項まで進んだら、また7月26日の項に戻って、西郷軍側資料を入れ込んで行く。悩みは資料に出て来る地名である。特に山の名は地元でも今や分からないのではと思う。昨日は延岡の戦の中心となった「百間橋」がついに特定出来なかった。ネットでは「○○橋(昔日の百間橋)」という情報は見当たらなかった。

★七つ星inガラ携帯2016年01月21日 22:01:01

▲2週間に1回木曜日必ず写真館に行く。土曜日の写真会に出す10枚の写真を印刷するためだ。
 研究作業が一段落して、出掛けたのは午後1時35分、雨で歩くほかなく、写真館近くの柳田踏切で1時45分。越すとすぐの所だが、ここである列車を撮影してから現像することにした。1時50分、来たのは鹿児島からの特急「隼人の風」、よし2両とも黒車体で結構。連写3枚。写真館に頼むSD10枚に追加撮影したので、館側が少し手間取ったが、無事印刷13枚。帰りも雨が続いていた。また踏切に来ると遮断機が下りて来た。何が来るかと加治木駅方面を眺めていたら、何と「七つ星」。そうだ、今日は通過する日だと、あわてて携帯カメラで撮影しようとしてもたついている間に、列車は目の前に、そして何とも様にならない写真が生まれた。時間は2時18分。
▲研究作業は再び1877年7月25日からに戻った。今度は西郷軍側資料に基づいて記述する。始めてから3日掛かってやっと25日の項が済んだ。厄介なのは乏しい資料から彼らが宮崎方面へ退きかつ戦うのがどのコースかを推定することだ。都城方面から、(1)飫肥を通過して向かうコースか、(2)現日豊線沿い(旧鹿児島街道)を行くコースか、その判断が付きかねるのだ。何度も面倒な訂正作業にウンザリした。完璧はムリだ。その理由は、一番頼りになる日記・日誌類の記述が激減した。Aは都城の戦(24日)の後、所属部隊にはぐれて帰郷を目指す。Bは都城近辺なので同じくはぐれて帰宅する。Cは・・・・・。
私はあっけなく都城が陥落して、この段階で西郷軍の組織的抵抗は終わったと考える。