★西郷軍、鹿児島城山へ帰る2016年04月20日 01:04:34

国土地理院電子地図で作成
▲1877年9月1日、西郷軍は終に鹿児島に帰着する。鹿児島にいた官軍は巡査、海軍兵士、新撰旅団兵士でいずれも戦闘に不慣れな者ばかりで、急きょ米蔵(こめぐら)(現鹿児島市役所)に籠城する形を取った。だからアッという間に私学校や県庁、そして城山まで数時間で占拠され、市中に西郷軍兵士が満ち溢れた。以下ある人物の記録より。少し読み易くした。
●3軍(前軍・中軍・後軍)ことごとく鹿児島に向って発し、西郷もまた発す、野村が残兵を検するとわずか20余人、軍糧20嚢(ふくろ)に充たず、野村守るべからざるを量り(※蒲生城固守を命じられていた)、急に西郷に告げてなお指揮を奉ぜんと追尾すれども遂に達せず、空しく蒲生に帰る、時に衆議この地を捨てて断然先鋒に加わらんと勢い制すべからず、野村曰く「子等想う所をなせ、余単身止(留)まらん」と、衆皆共にせんと乞うて止まず、野村止むことを得ず、蒲生を発して後軍に加われり、
●中軍が吉田に至るや官兵廻りてその背後を断つ、これによりて後軍進むこと出来ず、前・中軍は進んで吉野に抵る、この時官兵既に吉野学校の側らに出てしきりに我軍を撃射す、ここにおいて中軍をしてこれを拒がしめ、塁を実方に築いて守る、やがて前軍鹿児島に達す、時に官兵一大隊余旧厩内にあり、隊伍を散し銃を置て憩う、我兵これを知らず、門に抵りて初めて大軍あるを知り、躊躇急に迫らず、官兵もまた大いに驚愕す、我軍刀を揮って突入し、縦横奮闘、激戦暫時、官兵遂に潰敗、骸を踏みて逃走す、我隊長堀與八郎・市来連・阿多荘五郎等戦没し、邊見十郎太頭上を傷つく、時に佐藤三次は30余人を率い城山を攻撃す、官兵よく拒ぎたやすく抜くこと出来ず、佐藤は本営に到り、なお10余人の兵を率い、敵背に出て、前後より夾撃し、遂にこれを陥れ、我兵入ってこれを守る、時に壮士四方より来会し、勢いすこぶる奮う、よって鳥越・愛宕山・祇園ノ洲に配賦守備せしむ、貴嶋・伊東・神宮司等中教院を本営となし大砲・臼砲を得たり、この際人民奔走、男女を論ぜず、官の弾薬を奪い先を争って来り贈る、該夜12時の頃後軍また到着す
※吉野(鹿児島市吉野町、県道16・215)※吉野学校(鹿児島市吉野町、吉野小学校)※実方(サネカタ、鹿児島市吉野町、稲荷川)※旧厩(私学校、鹿児島市山下町、鹿児島医療センター)※鳥越(鹿児島市稲荷町、国道10・鳥越トンネル)※愛宕山(鹿児島市稲荷町)※祇園ノ洲(祇園之洲、鹿児島市祇園之洲町、国道10の一部)※中教院(鹿児島市東千石町、西本願寺別院)

★研究方法改善へ2016年04月23日 01:44:40

▲今扱っているのは、私のデジタル資料上での、西南戦争の1877年8月18日の可愛嶽脱出からの城山帰還路、鹿児島突入、城山戦、そして9月24日の西郷軍壊滅、戦後の9月30日までの諸動きである。
 すでに9月4日まではまとめ上げた。いよいよ9月5日から30日までの作業が始まる。そこで、この作業の方法を改善(?)した。
①先ず、今打ち込んである5日から30日までの官軍側記録を読み易く改変する。現在5日と6日が終った。作業は「僅に」を一斉変換することから始まった。結果5日から30日までの記録から11個の語句「僅に」が「わずかに」に変わった。ベストは「之を」を「これを」に変換175。いや違った、一番は「任意の行区切り」を「段落記号」へ変換した時で491。
②以上が済んだら、また5日の記録に戻って、そこにある地名を拾い上げる作業、そして各文末に「※城山◆」という語句を入れる。その語句が「日」において重複することはない。但し、官軍と西郷軍では重複する。
③それが9月30日分まで終ったら、また5日に戻り、今度は「※城山◆」は「※城山(鹿児島市城山町、城山展望台)」と書き換える。当然以後9月6日~30日まで毎日その地名は登場する筈だから25回は「※城山◆」がある。そこで一斉変換をする。今までは「日」単位で作業していたから、そのままだと25回もする作業だ。それが一回の一斉変換で終る。この作業を30日まで続ければ完成である。5月末までかかるかな。
 人は言うであろう。どうせなら最後に並べたらどうか。つまり索引ページを置けばと。それに対しては、私がこの記録を元に戦地を歩く時には一々本文と索引を交互に見ながら歩くより、この方がよいからだとして置く。
▲1877年9月6日、官軍の城山包囲網はほぼ完成した。その頃西郷軍に捕えられていた役夫が城山から抜け出して帰った。彼の口供による。
●本月1日の戦、城下市人皆起て賊に党し、街巷の諸戦は皆この輩に任す、官軍の兵士2名・軍夫10余名その拿ふる所となる、某(自分)は則ちその1人なり、賊の死傷もまたすこぶる多しと云う、負傷者を谷山郷の病院に輸送する者本日に至って絶えず
●城山の頂上に堡塁20余あり、すこぶる堅牢とす、毎塁人員20名ばかり総計500名内外とす、その本営の人員またこれに準ず、役夫もまた200余名あり
●その銃器を持する者全員3分の2に過ぎず、銃は皆後装銃なり弾薬甚だ少し●砲は山頂の塁に2門あり、その砲手なきによりこれを募って未だ得ず
●その本営及び大小輜重・糧食・炊爨等皆岩崎谷にあり、岩崎谷は山嶺四合ちょうど甑底の如し、今日に至って未だかって弾丸の達するあらず
●人家約30戸、2井戸あり、井戸は別に1つあるが、炊夫等弾丸を恐れて行き、汲むこと出来ず
●糧米は1日以来塩屋地方より陸続輸送せり、本日もまた見る、馬20匹で駄送して岩崎谷に入る、故にその糧綽として余裕あり、米は皆長粒赤色を帯びる、思うに南京米ならん、かつ未だ精せざる者なり
●賊中相語るを聞くに曰く「決死、この地を固守して戦の全局を終らん、見よや今に西郷の世となるべきを」と
【30064106●巻64城山戦記】
※画像は岩崎谷の西郷洞窟。グーグルストリートビューより作成。

★研究方法改善へ(続)2016年04月28日 00:12:41

▲官軍資料「征西戦記稿」の記事を1877年9月5日から30日までを並べ終り、いよいよ西郷軍側資料に取り掛かった。いきなり大訂正。しかし、夜までに9月8日までを並べ終った。まあ順調か。
●「征西戦記稿」9月24日部分から、その「概説」と私が名付けた記事から。文意を生かしつつ、読み易く工夫してあるつもり。
①時既に至り、残月西に傾き、露華照映せり、各旅団攻撃兵は各自の部署に随い、第一・第二・別働第二旅団は城山東北隅突出の賊塁に、別働第一旅団・熊本鎮台は西面より城山中央隆盛院迫に、第四旅団は北面より岩崎谷に、第三旅団・新撰旅団は東南面より城山正面に向い、多くは既に密かにその哨兵線外隠蔽の地に潜出し、号砲3声同時斉しく奮進す、この時預(あらかじ)め攻撃に備える軍艦清輝号より克虜伯砲1門を上ノ原に架し、賊の要害たる東北隅突出の一大塁を撃って声援をなす、そして新撰旅団の兵は前面右翼より城山の前部に上り、第一・第二旅団の兵は左右翼及び中央より、三面が並び進み、賊中第一の要害東北隅突出の2大塁を連陥し、別働第一旅団・熊本鎮台の兵は隆盛院迫に上り、第三旅団の兵は城山正面左翼より島津邸に入り、火を放って照国神社背後の賊塁に迫り、第四旅団の兵は岩崎谷左辺の山腰より進み、その援隊は岩崎谷口を扼し、各方面の兵合して岩崎谷の賊拠を衝突す(下略) 【30064169●巻64城山戦記】
②賊軍は三面の圧迫に堪えずして、遂に谷口の一塁に聚る、第四旅団の兵銃槍突貫し、賊60余人を一塁中に攢めて刺して遺す(残す)なし、塁を距る10余歩に一肥大の死屍を得たり、これを撿するに右腕旧刀瘢あるにより、その昔は元勲にして今は逆賊の巨魁たる西郷隆盛なる事を知れり、しかしその頭顱(とうろ)を得ず、百方捜索し、一賊で重創を負う者を捕え、これを訊鞠し、初めて隆盛がこの朝銃創を負い、別府新助これを刎ね、地中に埋蔵せしを知り、堀ってこれを砂泥中に得たり、また塁中の積屍を照撿して桐野・村田・邊見・池上以下賊中屈指の人物10余人を得たり、前日放還せし所の山野田一輔の屍もまたあり、この余各旅団の斬獲無慮500~600、隊長以上の者すこぶる多し、野村忍助・別府九郎は熊本鎮台に、阪田諸潔は第四旅団に降る、余賊また一人を遺(残)さず【30064170●巻64城山戦記】
※西郷隆盛が死去した場所は、岩崎谷洞窟から下って、現今「城山トンネル」前を過ぎ、JR鹿児島本線沿いに少し下った所に「西郷隆盛終焉の地」碑があるが、実際はその少し手前のマンション敷地内と考えられる。画像参照を!!