★今年初めて蝶を完全撮影2016年09月01日 23:21:37

ひまわりと蝶
▲昨日辺りから蝶が飛来して花にゆっくり止まる様子が数回あった。そして今日ついに撮影に成功した。実は朝方別の蝶が来たので、チャンスと急いで網戸を開けたら、音に驚いて逃げて行った。そこで今回は少し離れて望遠を駆使して撮影した。ちゃんと三脚に載せて撮るべきだったが、準備していなかった。それで手ブレが多く、見るに耐えるのは2枚程度。今日の画像はその1枚。
▲研究作業では今日「5月11日」(1877年)相当部分の作業が終った。その作業資料。
●翌十一日嶺崎隊(十一番)・清水隊(十三番)・吉村隊(十番)・重久隊(二番)尋て発す、宮崎は日州の心腹たるを以て佐藤三次・小倉處平・重久雄七・伊東直記等発向し、石川駿隊(十八番)之に付属す、美々津は米良隊(一穂即十九番)・守永隊(二十番)出張し河崎新五郎之を指揮す、山口隊(五番)・水間隊(七番)・本田隊(十七番)を止めて冨高及細島を守らしめ、伊東隊(十二番)・市来隊(十五番)・米良隊(一之助即一番)を延岡に進めて本営を設く、巡邏一小隊・斥候一小隊も亦属す、又一小隊を発し土々呂・尾前を守る、於是弾薬製造所を設け大に鉛・銅・鉄を購求す(爾后鉛尽き銅鉄を以て丸となす、銅鉄亦尽き梵鐘・仏具及鍋筆・火鉢、・鏡等日常の器具に及ふと云ふ)●資料(2)「大分戦」5月11日奇兵十一番中隊
◎これは諸隊の大分への派遣と宮崎各地への派遣を記している。この諸隊は「奇兵○番中隊」と称していた。実は前日10日に大分へ向かって既に先発隊が発していた。
●乃進んて冨高新町に投し直に兵を分て三と為し、一は新町を守り、其二は細島・美々津の両港に備ふ、後軍亦尋て至る、此挙や隠然兵を進め敵未た備へさるに及んて直ちに侵入せんとの胸算なるにより、野村延岡に馳せ荒巻に命して士族を募り、各道に配布し以て間諜を譏察す、又豊後に探偵を出して新町に帰る、小倉處平亦飫肥及ひ宮崎地方を警して来会す、於是乎軍議を決し即時先鋒大迫隊(九番)・鎌田隊(四番)・石束隊(八番)・佐藤隊(三番)四中隊を発遣す、時に五月十日なり
◎「石束隊」は「石塚隊」が正しい。

★松平健氏、わが加治木町に来る2016年09月15日 01:55:22

加治木駅前の武者一行

▲その数日前町中を自転車で通行中、なにやら看板を電柱にくくり付けている人達がいた。そこでその看板を見ると、「武者行列」とある。はてこんな祭りは聞いたことがないなと思った。よく見ると「松平健氏」が来るとある。そしてその日11日(日曜日)、午前10時前に出発点の護国神社前に行くと人並みが出来ていた。神社境内には既に武者姿の人達と見物人で混んでいた。少し撮影した後、私は神社から出て来る一行を撮ろうと裁判所前で構えていた。松平健氏の登場で一瞬客がどよめく。そして彼の発声で掛け声と太鼓で行列が動き始めた。行列は先触れの後に先ずは松平氏(徳川家康に擬す)と、姶良市長(島津義弘に擬す)が並んで歩く。後に大人、子供の甲冑姿、最後に加治木工業高校生徒の足軽隊が続く。総勢50名か。少々曇って陰りもあるが、なお夏の太陽の元で始まった。松平氏は沿道にいる人に手を挙げて満面の笑顔で会釈しながらゆったり歩を進める。沿道の客の多くが一行に合わせて沿道を進む。これでは撮影は難しい。そこで一行の先々で待ち受けて撮影することにした。裏道から裏道へ自転車で走る。一行は加治木駅前で相当時間休憩。そして終点の精矛(クワシボコ)神社(義弘を守る)へ行進が始まった。少し撮影して今度は神社へ先回りする。神社前は多くの観客がいた。一行は全員で参拝した後、境内脇での儀式に臨んだ。松平氏は姶良市長と儀式の間鎧姿で床几に腰かけていたが、暑熱の下では本当に気の毒であった。私は途中で家に帰った。誰も天蓋とか準備しなかったのか。
▲研究作業中にある一文に気が付いた。そこには西南の役後に懲役人となった兵士の記録の成立のいきさつが分る文章が要点を押さえて書いてある。少し分り易く変えた。
●今般鹿児島逆徒征討始末編輯に付その事情及び戦地の形状等詳悉致す者は上申仕るべき旨御達の趣奉拝承わり、左に筆記仕る、昨十年二月上旬中原尚雄等暗殺を謀らんとの儀発覚し、次いで陸軍大将西郷隆盛・陸軍少将桐野利秋・同篠原國幹へ旧兵隊等随従、政府へ尋問の為め東上の際、図らずも途中熊本県下において台兵に支えられ、ついに戦争に及ぶの段、追々報知の趣承わり居る折柄、4月29日福山本営伊東昌吉より戸長貴島政勝へ募兵すべき旨相達す【11201201】:(28)
※この人物は三次出兵組であろう。この3日前の4月26日11時官軍が鹿児島へ着、翌日までに城山ほかを占拠し、県庁も政府側が握る。

★アッ、キーボードが反応しない2016年09月19日 03:05:39

シャッターが早すぎた
▲夜東芝機(ノートパソコン)をいつものように起動する。マウスを動かして、キーワード入力画面へ。「あれっ、キーボードが反応しない」、時々繋いであるUSB(4穴)の電源が入ってない時、よくある現象なので見る。ところが電源は入っている。おかしいなと思いつつ数回キーボードをポートに抜き差しするが無反応。「故障?」と思い、別なキーボードがあったので繋ぐ。全く反応せず。マウスでいろいろ動かすうちにキーボード画面が出てきたのでマウスでキーワードを入れ込み、とりあえず起動させる。ネット検索で対処策をと考え、ネクサス7を起動して、検索項に「キーボードが反応しない」と打ち込む。いくつか解決策が出てきたが、例によって分りづらい。再び自力で何とかしようと。試しにキーボードをマウス用のUSBポートに繋ぐがダメ。今度は4穴USBを外し、キーボードを本体に直接繋ぐがこれもダメ。元に戻す時に気付いた。USBポートすべてが機能していない、よく見ると繋いである外付けハードディスクも起動していない。そこで最後の手段を取った。パソコンのボタンを押し通づけて強制終了、そして再起動。再起動と同時に全てが解決した。そして私の疑念の矛先は今朝ほどのwindows 10のバージョンアップに。
▲蝶が目の前のひまわりに張り付いているので、そっと網戸を開けて、ニコンを向ける。ピントを合わせる。その数秒ちょっとの間に飛び去る。撮影はまさに運次第、いや蝶々次第である。あきらめて久しぶりに「七つ星」を撮影に出かけた。写真としては駄作となった。

★久しぶりに開聞を撮る2016年09月23日 05:16:31

姶良市加治木町から見た開聞岳
▲別府川下流の突堤へ出かけた。今日は開聞岳が見えるはずだと思った。理由は台風一過で空気が澄んでいる筈だと考えたからだ。ただ、目の前の桜島の眺望がスッキリしないし、近辺の山もそうきれいに見える訳でもない。突堤への登り坂を一挙に上がるが、最後はやはりフラついた。ポイントへ向かうと何となく、かすかに見える。私の目にはうっすらと見えるが、思い込みかも知れない。そこでnikonを向けて最大望遠にする。すると確かに見えているようである。期待してシャッターを押すこと3回。家に帰ってからパソコンに入れてから見たら、うすく写っていた。
▲西南の役懲役人の記録に、「勇義隊」の成立、またその内容に触れている一文に出会えた。
●5月1日出水竹元村に来会する者3000余人、これを結束して1大隊とし、中山甚五兵衛を推して大隊長とす、以後将校皆備わる、これを勇義隊と称す、然るに丁壮にして軍役に堪ゆべき者は先に既に出兵し尽し、この隊の兵士は老者と幼者とのみにして、兵器もまた素より充備せず、或いは刀、或いは槍、或いは鉄梶、或いは火縄銃なり【12311001】:(34)
※この人物の記録は、「勇義隊」の成立、そのメンバー、その武器等々、ポイントを的確に表現している。この「勇義隊」はこれから、官軍が鹿児島制覇する6月24・25日までを戦った、鹿児島防衛軍である。「竹元村」は出水市武本である。「12311001」で始まるこの人物の戦いの記録は、「12311003」(日付特定出来ず)で終る。