★研究作業から2016年10月02日 04:28:04

▲1877(明治10)年5月5日、人吉から急行帰県した西郷軍の薩軍振武隊を中心とする部隊は、鹿児島奪還を図った。結果としては逆に官軍側の体制を強化させることになる。以後6月24日まで、城山と直下の市街地を占拠する官軍を、吉野・草牟田・西田・武岡・谷山に散在する西郷軍が包囲する図式が展開する。
●5月5日の官軍側の記録(別働第一旅団関係:「黒木日誌」から)
「 五月五日風雨、(此日朝賊将能勢弥九郎城山ニ於テ我第一大隊第二中隊ニテ討取ル)
一午前第四時三十分、賊新照院ヨリ襲来ニ付、城山背後ノ我哨兵開戦、夫ヨリ南北ノ哨兵追々ニ戦ヒ、予軍旗ヲ護シ、我諸哨所ヲ巡検指揮ス、同七時頃賊敗走、我隊死傷四人(死二人傷二人)、賊ヲ斃ス十余名
一此日未明ヨリ西田橋前後、其外南北士族邸并市街等焼失ス、
一本日城山ニアル士族邸ヲ仮本部トス、
一午前第十時過予本陣ニ至ル、午後第五時城山仮本部ニカヘル、
一哨兵配布前日ノ如シ」
●5月5日の西郷軍側の記録(「西南之役懲役人筆記」)。筆記人は振武三番中隊の1隊員、城山攻撃後に鹿児島奪還を図るための待機部隊であった。※原文を少し読み易く替えてある。
「同5日黎明また発して武村に至るに、官軍城山及び新上橋の河堤より発射す、我兵通過して高麗橋に至り、2中隊を二手に分ち、一つは吉井為一右小隊を率いて橋上を衝き、武隊の左小隊これに援たり、一つは余が左小隊を率いて肥田某屋敷外より川を渡らんと武(人名)隊の右小隊を応援とし、既に河堤に至るに、官軍河中に柵を植え塁を固くし、我軍の来るを覚り、たちまち兵を戒め、発銃の要意(用意)をなす、我兵渡ること出来ず、しばらく間を伺う、然るに北郷来り、「橋上の敵、塁厳にして渡ること出来ざるにより兵を潜め、城山の変を待ち、味方山の頂上に登るを見たら直に死闘して渡らん」と言う、よって兵を家屋の傍に伏す、時に城山の砲声あたかも雷の如し、午前9時頃に至り、にわかに砲声静まり、動静詳かならず、よって斥候を本営及び城山に駈らす、午後4時頃に及んで斥候帰り来り「城山各地の攻口は官軍塁を高くし、柵を結び、我軍憤戦すといえども志を得ず、よって全軍を伊敷村に引揚ぐべき令あり」、そこで(我々も)兵を揚げ、伊敷村に至り守兵す、本日戦い始まるや、官兵城外に放火し、火炎天を焦し、烟煙地を覆い、燃えること3昼夜に及ぶ【12081034】:(41)

★せっかく書いていたのに何故消えた2016年10月08日 20:50:37

今年最後の蝶か
▲私はアサブロの記事は原則ワードで書いてからコピー・貼り付けをしている。昨夜もそうしていたら、ちょっと他の用事をしている間に画面が消えている。いつものように軽く始動ボタンを押す。ところがそれは強制終了となって作成画面は消えてしまった。
▲1877年5月10日、水俣から大口まで押し込んでいた官軍別働第三旅団が一挙崩壊する危機を迎えた。薩軍猛将邊見十郎太の陣頭指揮する薩軍と急峻な山を越えて官軍の背を襲った熊本隊等の連携が効を発揮した。その熊本隊の一記録を以下に記す。文章は少し替えてある。
●「10日未明各隊皆蓐食(寝床で食事)して立つ、4中隊各々次々発す、池邊・山﨑2氏自らこれを督す、櫻田氏は塔之原村に留る、もともと傭うところ山氓を先導とす、この日過る所は前日と路を異にし、絶て人跡なし、畿囲の老木、喬樹直立数十丈、森然欝然天に参り日を蔽い、泠気颯々人の肌骨を侵す、この如きの深山絶谷、未だかって見ざる所なり、先導到る所の木枝藤葛、隨って伐り、隨って行く、10間乃至20・30間毎に白紙を樹梢に約して後軍の目標とす、行く4里余、午時山野の山上に至る、山やや裸なり、眼界涯なく一望にして薩隅の地形をことごとくすべし、この時邊見隊の戦はまさに酣に大礟(砲)小銃を乱発し、火を山野村に放ち、烟焔天を蔽う、敵軍狼狽ようやく小河内山上に向って乱走せんとす、我4中隊これを俯瞰し勇気百倍、一斉大喊、相競って山を下り、敵の別軍谷下にある者を射撃す、その兵300人許、我各隊の下撃に辟易し、倉皇(あわてて)器械を棄てて奔竄(ホンサン)す、ここにおいて小河内山上の敵を尾撃す、我兵かつ戦いかつ進む、敵軍隨って敗れ、隨って走る、薄暮大境(すなわち薩肥経界の所で鬼神峠と称す)を越え、水俣地方に向って走る、我軍敢て窮追せず、この夜山上に露宿す、星月娟々(ジョウジョウ)冷気人に迫る」
※熊本隊が出発した本営があったのは、現球磨村一勝地(イッショウチ)の「遠原(トオバラ)」。この記録では「塔之原村」。JR一勝地駅から1駅人吉よりに那良口駅がある。ここから那良川沿いに県道325を上って行くと、遠原があり、そこから鹿児島県旧大口市の山野へ出る山道は一部の狩人しか分らないような道無き道だったようである。
※「大境」は私の古い交通地図(2004年版)には、水俣・大口を結ぶ国道268に同名バス停が見える。

★ささやかな古家の改造2016年10月20日 03:31:25

歯科医院前に蜘蛛の巣があった
▲画像は出せないので、言葉だけで。
我が家は私達が3代目となって、今年で30年目。家人の熱望もあって数ヶ所のリフォームをお願いした。家の改造と思って始めたのだが、意外にもそれは自分達の生活を変えることになった。専門家が真面目に取り組んでいただいている間、私はせっせと不用品を整理し、本や諸々の品を移動させ、並び替え、家の中の景色を変えることに専念した。そこで以下の気づきを記す。
①自分の本や雑誌は今や関心も何もないままただ居座っていた。
②タンスや衣装ケースにはもう数年着たことのない衣類があり、これは家人がこれ幸いとよくも思い切って捨ててくれたものだ。
③本に埋もれていた、ガラスケース付きの棚は復活させた。家中に散在していた思い出の品は今や生き生きと輝き始めた。
④家人も古い家具を思い切って処分することにした。以前新しい家具が来た時に本当は処分すべきだったのだが。この古い家具は切断して使える部分を一応残しては見たが。
⑤windows関係の古いディスクや関係書類・本も、多すぎる各種コード類も、全て処分の対象とした。
⑥不十分だったのは自分の今の西南戦争研究関係の多くの本や資料である。その主要部分はすでにPDF化したり、エクセル・ワード化しているので、捨て去る勇気がありさえすればいいのだが。ただ贈呈を受けた資料や本は簡単に捨てる訳には行かない。
⑦写真は楽しい思い出ばかりに繋がるものではない、忘れていた、いや忘れたい、そんな記憶を呼び起こすものもある。
⑧昔凝っていた8ミリ映画関係のフィルムが多数ある。主に家族の思い出の作品である。これはSD化する予定である。
※昔職場で同僚だった人格抜群の先輩は、単身赴任のため職場近くに小さな部屋を借りていた。勿論車など持っていなかった。ある時、「家に冷蔵庫はない」と。周囲がいぶかっていると、「その日の食材はスーパーで買って、その日に食べる」「私の冷蔵庫はスーパーに置いてある」と。この方は「退職前」にやっと家族で住むための家を新築された。曰く「現金で支払った、3千万円だった」と。この方のことをもっと早く思い出すべきだった。

★マウスコンピューターが来た2016年10月24日 23:20:44

21インチディスプレイに繋いで使う
▲過日福岡に行った時購入した物である。予想より早く送って来た。既定の商品にオフイスソフトを追加してある。
13.3インチ型、重量1.4kg、SSDタイプ、これが求める条件であった。色々調べたが、我が周辺の量販店には、「SSD」タイプはほとんどなかった。それが福岡に直販店ができたとの情報があり、ついでに訪れて、即決購入を決めた。もう一つ拘ったのはCPUで「i7」物が欲しかった。長野から送って来ると言うので10月末だろうと思っていたのでびっくりした。
先ずはセキュリティソフトを入れねばならない。いつものソフトは「Windows10にアップしなければならない」とあったので、追加料金を払って購入した。すでに同様ソフト試用版が入っているので先ずそれを除く。途端に「危険です」との警告が出るが無視して続け、直ぐに新しいソフトを入れて一安心。いつものようにメールその他の設定を繰り返して何とか使えるようになった。ところがネットに繋がらない、あわてて既存のノートパソコンとデスクトップを起動して確かめるとこれらも繋がらない。NTT光の配線か、無線LANの故障かと配線等を確かめる。結局やったことは、配線を確かめて、コード類を一度抜いて差し込む、それぐらいの作業しか出来なかった。でも何とかこれで復活したが、さっぱり理由が分からない。
▲ところで、旧機のノートパソコンは何故かシャットダウンができない。確かにできたように思い、閉じるが、再び開くとすぐ立ち上がる。考えようによっては便利だが。また3つのUSBポートのうち完璧なのは今や1つだけである。しかし、まだ大きな機能低下はないので、今後は主に家人が使うことになっている。

★地名記入を始めた2016年10月28日 02:13:29

googleより山都町犬飼
▲記録に出て来る無数の地名を推定する作業に入った。そこで出会った地名から。
①「伊会村」:現在では「○○町伊会」となる筈である。平凡社電子版「日本歴史地名体系」で探しても出ない。国土地理院電子地図で該当辺を見る。目に付いたのが「犬飼」。「イヌカイ」と読むが、鹿児島弁風に読むと、「インカイ」となる。そこで記録者は「伊会」という字を記した。実際の記録から、文字は読み易く替えてある。
●伊会村の如来堂にて夜明し、のぼり4里くだり4里の高山、これこそ日本に並ぶ無しと相覚る、晩5時頃尾前と云う所に到着の事、尤も道乗12里、但し峯にて雪取食し候事
※1877年4月24日、西郷軍の矢部(現熊本県山都町)から人吉への引き揚げが始まった。矢部北方に守備していた記録者達の部隊は、遅れることとなり、矢部の内の「伊会村」(旧矢部町犬飼イヌカイ、県道180・九州自然歩道)で4月25日の朝を迎える。そして「上り4里、下り4里」(たとえとしてよく言われる)どころか結局この日は通算12里の山道を踏破したことになる。しかも雪の残る険しい道であった。
②スキャナー君のミスから
記録には「当所山川発頭地着」、私は平凡社電子資料を駆使した。芦北町に地名「山川」はあったが、そこから五木村「頭地」では合わない。そこで原本に当ることにした。何と「山川」の部分は「出」である。つまり「当所出発頭地着」だった。4ファイルの訂正が必要だった。