★研究作業から2017年04月01日 01:22:52

▲以下は「征西戦記稿」より。西南戦争の始まりからを川尻在住の高木蘇平太の証言としてまとめてある。その実態を示している。「是日(1877年4月19日)」以前4月14日に熊本城攻囲線が崩れている。
●是日(1877年4月19日)、衝背軍川尻本営に於て属官加納通廣・片岡新・森長保3名、雇写字生高木某(蘇平太、熊本県士族川尻住)に賊軍川尻在陣の顛末を問ふ、其対左の如し
●初め賊軍川尻に至るや加治木の兵3大隊(二百名を一小隊とす)先鋒として2月19日川尻に至れり、翌20日6大隊至り、一軍は海岸に出、一軍は熊本城に進めり、小銃城を攻るに利あらず、五六日を経て大砲至る、乃ち花岡山より攻撃すれども利あらず、因て更に攻城の大砲を鹿児島に取る、其砲20日許を経て至る、衆大に喜び花岡山に架し頻りに発射すれども城中依然たり、因て迎町に転じ之を攻むれども利あらず
●故に長圍して粮食の竭るを待つに植木口の官軍漸次進入、田原坂の戦大に苦めり、皆曰く「鎮台兵は与し易し、近衛兵は善く戦ふ、畏るべし、又巡査は刀を帯び善く接戦す」と
●一時弾薬乏しくして鹿児島より送り来るを待てり、又貨幣盡きて使を薩へ遣し之を取れり、粮米は八代・鏡等に於て米1万苞を得、缺乏の虞なかりしと云ふ
●又官軍日奈久に上陸するに及て急報の徃復織るが如し、即夜2小隊出兵、又他よりも来会し此地に留らず進発せり
●松橋の敗れるや官軍三丁橋(三十丁橋)辺に集合して鯨波を発し、忽ち川の左右に散布したるを見て、皆謂らく「下流太郎兵衛橋を渉り来る」と大に怖て潰走し、川尻復た一賊なきに至れり、是時に方り川尻鎮撫隊に番兵巡視等を依頼せしに肯ぜず
●病院110余戸あり、番号を附し識別し易からしむ、一戸の患者多きは150名、少きも20名を下らず、試に之を平均し一戸30名として算すれば無慮4000人に近しと云ふ、別に截断繃帯所あり、患者凡そ40名余、此時軽傷の者は歩行せしめ、重傷歩する能はざるは役夫をして之を運搬せしめ、其歩行せし者100余名は行く事半里余にして民家に宿し、翌日1名金1円の賃を以て舟を買ひ木山に赴けり、若し是日官軍長駆せば熊本城に至る事容易なりしならん
●又一両日を経て賊兵再び来り六彌太渡に交戦し、爾後連戦、遂に敗走するに及て、兵食炊場を放火し延焼6戸に及べり
●賊兵川尻に埋葬する者900余名、其田原坂の戦死は植木に埋葬し、植木の戦死は熊本に埋葬し、田原坂・植木の負傷者途に死し或は治療中に死せし者皆川尻に埋葬す、其墓標の石を以てする者は或は死者所有金を以てし、或は朋友・親族等より之を建たり【30022295●巻22衝背軍戦記】
▲探したら私が歩いた記録が出て来た。私の現職時代の後半のもので、鹿児島市の「私学校」跡から、熊本市の川尻まで歩いた記録である。日数では6日間であるが、平成10年7月から平成11年4月までの間である。
その最後は熊本県八代市から熊本市川尻までの記録である(画像)。私が参考にしたのは西郷隆盛が歩いた道筋に沿ったルートである。当時は知識がなかったので、主に国道を歩いた。

★エクセルのハイパーリンクの悩み2017年04月09日 01:22:16

▲研究資料エクセルの3ファイルはそれぞれの元資料に、リンクさせてある。元の資料の原本を開いて調べるより便利だからだ。特に出掛けた時は有効である。
 ところがこれが時々問題を惹き起こす。エクセルのハイパーリンクのリンク先アドレスが勝手に変る。もう半年以上なかった現象なので忘れていたのだが、過日起きてしまった。
①解決法1
仕方がないのでまた一から細目に修正をする。これは難儀だが過去何回したことか。
②解決法2
このリンク部分は古い資料(ファイル)でも同じなので、うまくリンクする過去の資料を使ってコピーする。今回は53回(セル)一個ずつコピーしたが、ファイルの該当一列全部をそのままコピーして貼り付ければ楽である。
③解決法3
ネット情報で「絶対パス」を使えばよいとあったので、試しに作って、いつものようにUSB・Dropbox・外付けハードディスクの3つにコピーした。やはりダメだった。1台のパソコンでDドライブにある1ファイル内でなら有効であろう。
④今後の対処法
どうやら原因は「復元ファイル」を使用した時ではないかと考えた。リンク先が「復元ファイル」の保存先と一致しているからだ。そこでこの3ファイルは一切「復元ファイル」ができないようにした。ただこれでは不安がある。常に適宜に細目に保存することがポイントとなる。

★地理院電子地図の不備を補う2017年04月22日 00:30:11

グーグルアースから作成した
▲研究作業は今は「本文編」の地名を特定して記入する作業だけである。ただどうしても「不明」とせざるを得ないことが結構な数生じてしまう。
これはいずれ地元の研究者にしてもらうしかない。
 この日は現在は平成合併で山鹿市に属する「旧鹿北町岩野」について、「※岩野村(イワノ、旧鹿北町岩野、国道3・県道13・18・岩野川・男岳オダケ川)」とした。時間が掛かった。理由は最後の「男岳オダケ川」の箇所である。「電子地図」には「岩野川」はあるが、それに合流する小河川が図上にはあるが川の名称は記されていない。そこで出番は「グーグルアース」である。起動して検索窓に「熊本県山鹿市鹿北町岩野」と入れる。そして国道3号にストリートビューの「ペグマン」人形を下ろす。そして最初の横道に向い、川に掛かる橋の手前で、大きく拡大して橋と川の名称確認する。実はこれが厄介である。多くは銅板か石に刻印されている。ところが銅板の場合は汚れ等で読み取りにくい。まだ石に刻印されている方がましである。かくしてこの日最初の確認作業は失敗。次に国道3号を上がってこの川を越す所の橋へ。文字が確認できたのは最後の2字で「川橋」と。知りたかったのはこの前の2字である。画像の向こうに石橋らしい橋が見える。そこでその橋の所に移動して確かめる。やはり難しい。ネットで「熊本県の石橋 山鹿市」として検索する。すると熊本県の高校生が調べ上げた情報にヒットした。そこにある写真の橋と説明文から、相応すると判断して、仮に川名は「男岳川」とした。そして今度は「電子地図」で上流へ向かう。「男岳(雄岳)という山に行き着いた。読みは別の地図ソフトを使って確認した。こうして「男岳オダケ川」の文字を付け加えて一地名の説明が完成した。