★不明地名「川原町」と「曽見村」の訂正2018年03月02日 21:32:49

球磨村大瀬沢見
★不明地名「川原町」と「曽見村」の訂正
▲「川原町」の地名は以下の資料にある。すでに訂正済み。
●夫より十二三日(3.26・27)頃菊地川原町へ進軍本道へ番兵五人宛繰廻しを以相詰たるに※菊地(菊池キクチ、菊池市隈府ワイフ、国道325・387・443・県道18・23・133・203・菊池川・迫間川)※川原町(下河原シモカワハル、菊池市下河原、県道23・201・河原川、河原郵便局・河原小学校)【11301918】:(1)
◎平凡社辞典で「川原」、「かわはら」で検索できない筈である。それは「下河原」、「しもかわはる」だった。その発見のきっかけはネット情報で菊池市「下河原」に「河原小学校」があるとわかったことである。Googleマップではさらに「河原郵便局」が確認できた。改めて「平凡社辞典」で「下河原」を確認すると、「下川原村」、「川原村」、「河原村」との文字が見える。当然「上河原」があると思ったが、それはここにはないようである。
▲「曽見村」の地名は以下の資料にある。すでに訂正済み。
●同廿八日立、曾見村と云ふ処へ着す、即刻より当所番兵一週間位守居※曽見村(沢見サワミ、球磨村大瀬、日の元神社)【10101204】:(1)
◎実はこの訂正はいささかこじつけではないかとの反省がある。この筆記人は薩摩からの二次出兵組である。当初の一番大隊から七番大隊までの兵士損耗により補充された者達で、彼は3月26日人吉に着いた。そしてこの日(28日)に「曽見村」に進軍した。彼等に先立って球磨川を下った辺見・別府の部隊を追っていると考えて、球磨川周辺に「曽見」を探す。全く手掛かりがない。しかし地理院地図に「沢見(サワミ)」がある。私は筆記人は「サワミ」を「ソウミ」と聞いて、「曽見」の文字を充てたのだと考えた。こじつけであるとも思うが。ここ「沢見(サワミ)」は5月の球磨川方面の戦でも登場する。
※画像はGoogleマップのストリートビューで作成した「沢見」集落。よくぞその地に行ってくれたと感謝しつつ、多分国道219から林道大瀬線(?)を登ったのであろうと私も後を辿る。途中画像が動かないのでペクマン人形を何回か道へ下ろす。そして「沢見展望所」案内がある所に着いたが、Google車はそこには行かなかったようだ。残念。

★エクセルでの無駄なひと工夫(その2)2018年03月05日 21:45:11

▲以前同題名で2月12日アップしたものをさらに工夫した。「少し手間」が必要であるとしていた箇所を改めた。
表に1列挿入しても計算式ができるだけ動かないようにすることである。①表の最左端に「空白の列」を置き、点数の列はその右側に作成してある(画像上段)。しかしHLOOKUP関数式の対象とする時は表は「空白の列」を含めている。
②こうすると、列を追加しても(画像下段水色)、HLOOKUP関数式に影響は出ない。直近2回のテスト成績の得点差は常に最新の結果を示す。
③実用の際は「空白の列」は「書式」の「列を表示しない」により見えないようにした方がよい。
※画像には共に徳川家康君の最終回とその前の回の点差の関数式が一番前の「数式バー」に出ている。
※画像の点数欄は自動で変わっている。

★快晴下の鹿児島マラソンと加治木の市2018年03月08日 01:45:19

▲この日は前日の雨が上がってとんでもない快晴である。気温も上がって今日はストーブも無用となった。そこで先ずは過日剪定した庭の梅の枝木の片付け作業をする。細かに切断して指定の黄色のチリ袋に入れる。10時から1時間で作業が終った。
▲着替えて今度は鹿児島マラソンの見学に向かうことにした。自転車で我が家を出たのが11時19分。今日は上着なしで十分である。折り返し地点である重富中学校前に着いたのは11時50分。次々にランナーが来るし、観客も多い。確か1回目の時は観客相手の店があったが、今日は見当たらなかった。写真を数枚撮る。そして今度は遠回りして白銀(しろがね)坂登り口に行く。折り返し地点から300m未満ぐらいか。まだ続々とランナーが陸橋を下って折り返し地点へ向かう。ただ見た目にはほぼ半数が歩いている。
▲12時22分加治木へ引き返す。道は混雑を避け、国道10号旧道や日豊線沿いの市道を用いる。12時50分過ぎに加治木初市に着いた。見物人の間をぬって自転車を押して行く。昨日は雨で初日は客が少なかったと家人が言っていたが今日は一応多い。ただ店の種類、数、見物人の数などいずれも盛り上がりに欠ける。家人の買い物制限令を守って1つだけ買った。数年前までは買った物で昼間の宴会をして帰ったのだが。
▲国道10号を私物化して行う鹿児島マラソンには私は賛同しないが、加治木の初市は県下三大市(川辺・高尾野と)として盛り上がってほしい。

★不明地名ではなく、不十分な地名説明を正す2018年03月13日 21:07:40

▲不明地名はほとんど解明できない状況が続いている。過日はネット情報で偶然、私が「御船県庁」として記した説明に、追加説明が必要となる情報にぶつかった。そこには「史跡熊本県庁跡」の標柱の写真があった。これは無視できない。
●資料1(1877年2月20日)(熊本隊士の日記)
廿日池邊、櫻田諸氏相議して曰く「比擧素と天下の頽勢を挽回するに在り、區々たる一縣廳之を籠絡し以て我用と爲すも亦便ならすや、宜く速に縣廳を保護し以て此策を遂くべし」と、乃ち余をして之に當らしむ、余之を諾し将に起んとす、顧みて曰く「兵端既に開くるを待て、吾將に蒯通か事を行ひ、富岡縣令をして范陽の令たらしめん」と、乃ち部下壮士三十餘人を撰抜し、各々袋刀を携へしめ、御船縣廳に到り、保護の事を告く、滿廳頗る之を疑ふ、余弁解數次、漸く解くるを得たり、山﨑定平氏亦筑山營太・門岡忠九郎等以下數十人を率ゐ至り、余と與に縣廳を環守す、此日縣廳掲示して曰く鹿児島聯暴徒擅に兵器を携へ國憲を憚らす叛跡顯然に付征討被仰出云々と因て始めて征討の命下るを知る又熊本より来り告くる者あり曰く今朝權少警視神足勘十郎東京巡査五百餘人を率ゐ熊本城に入ると此夕薩軍先鋒別府晋介二大隊を率ゐ川尻町に達す夜に入て熊本鎮台の巡邏兵四五十人薩兵を銃撃す薩兵撃て之を卻け其數名を斬殺す之を熊本開戰の初度とす※御船県庁(御船町村に2月19日から2日間で熊本城内へ戻る、御船町御船、国道445・443・御船川、本町通りに「史跡熊本県庁跡」)【20045022】:(6)
▲さて私がネットで見た「史跡熊本県庁跡」の写真は2枚。1枚は標柱のみ大きく写してある。もう1枚は道路、標柱、家並みがある。この家並みに建設会社名が見えた。そこでGoogleマップで会社名を入力して確定した。画像では左側の車の影に標柱、道路を向かい側に御船本町通りの案内板があり、そこは御船町商工会の入り口(駐車場)である。その案内板には「2日県庁」と書かれている。2日で県庁がここを去った事情は上記資料にヒントがあるかも知れない。
▲この御船県庁を「御舟の仮庁」と記した資料がある。
●資料2(1877年2月24日)「西南之役懲役人筆記」
同廿四日御舟の仮庁に至り救助の法を請んと川尻に至りしに、此所にて御舟も已に立退き木山又隈府に移転ありしとの事故、其夕下江津村三泊(「に一泊」では)、尚隈府も退散之由を知る、爰に至て仮庁の所在を求むるに由なく救助之術計尽き殆んと困却せり(地名説明略)

★霧島市立図書館へ行った&エクセル画像2018年03月15日 23:10:04

▲自転車で加治木駅へ行き、JRで霧島市へ向かった。目的は市立図書館の「植木町史」を見るためである。県内では鹿児島大学とここしか所蔵されていない。以下この日の見聞を記す。
①いつも通るのだが、初めて見た。ある民家が県道側ではなく、側道に面した形で駐車場を作っていた。これは正しい判断であろう。
②加治木一(?)のまんじゅう屋に10人以上の客が並んでいた。ここは県道に客が車を止めるが今日はなかった。指導があった?
③何故か駅前に必ずいるタクシーが全部消えていた。初めて見た風景。
④駅ホームから駅横の団地の桜が満開寸前であった。
⑤何故か列車の中で一人の客が二人掛けの座席の間に立ったままで、隼人駅で降りた。座席がいっぱいで立っている人は普通にあるが。
⑥「植木町史」は完璧ではないが収穫はあった。なかでも西南戦争時のエピソードは新鮮であったが、その談話者は明治20年代に生まれた方々であった。西南戦争は明治10年である。
⑦終って、バスでメガドンキ(鹿児島市以外では初めてのドンキホーテ)に行こうとした。主要道まで出たが、歩けど歩けどバス停がない。
⑧のどが渇いたので自販機に金を入れる。反応しない。次の所の自販機も同じ。姶良市民には売らないのであろう。
⑨やっとバス停があった。国分ソニー前である。バス時間を見ると30分後、しかもどう見ても数百メートル行くと空港方面に向かうようである。また歩くことにした。なおそれまでにただの1台もバスの往来はなかった。それ以後も。
⑩天降川を渡って初めて作動する自販機に出会った。やっと冷たいお茶を飲めた。
⑪見次交差点を過ぎて、ドンキホーテへ向かう道に着いた。見るとすごい車の数である。とても疲れた身では行ってもムリと思いあきらめた。
⑫隼人駅前のシルバーの店で軽食を求めた。
⑬加治木方面列車は30分待たねばならなかった。その最後の15分はたまたま冷風が強くなり、かいた汗が身体を冷やし、とても耐えがたい状況だった。
※画像はある必要性から作成したエクセル画面。ネット情報で作成した表(上段)と私の作成した表(下段)。