★研究資料にミス発見2018年06月11日 00:14:16

▲残念至極である。私の中心資料にある江戸までの日数「40日」としていた事例が消えることになった。点検中に見た資料には「(空白部3字か4字)越着」とあった。私はこの空白部に入る語句を「江戸」を意味する語句とカン違いしたらしい。よく見ると「越着」とある。「越」が着く地名なら「播州坂越」であろうか。これは現赤穂市の坂越(さこし)であるが、江戸とは全く離れた所に位置する。それに坂越まで「40日」は掛からない。そしてまた同様ミスが見つかった。一つは「54日」。これは実は中国地方まで行ってから鹿児島へ引き返した事例で、参勤は後にやり直しているので、完全にミスである。さらにもう一つは、琉球使の扱いである。通常は薩摩藩主が率いて同時に移動するが、この事例は藩主が江戸に居るので、家老が率いて来た。となるとその掛かった日数「75日」は省かねばならない。参勤交代ではないからだ。この3事例は江戸へ向かう日数事例から3つ省くことになる。
当然平均日数計算も違ってくる。
▲以下の話は以前から知っていたが、ある時某紙を読んでいる時に再度見ることになった。
某有名人物(スポーツ関係)が大学時代の英語の授業で、教授から質問された。「〇〇君、I live in Tokyoを過去形で表現しなさい」。某氏はしばらく考えた後答えた。「I live in Edo」と。
※某紙には実名があり、それは作り話であろうと書いてあった。
▲画像は廃車決定の愛用自転車。後輪スポークが2本破損(赤テープ貼付)した。修理しても次々破損が続けば大金が掛かるので、止むを得ないと判断した。破損部はたった2本ではあるが、車輪がブレーキシューに接触し、乗ると常時ブレーキが掛かった状態になる。今はその状態を解消するように自分で修理した。その結果今度はブレーキが利かなくなった。ここ数日は娘が昔使っていた古い20インチ(大人用)ものを使っているが、これはブレーキに難があるし、ハンドル部はガタガタと揺らぐ。

★忙しい、いや慌ただしい1日だった2018年06月16日 08:16:15

モナルダ(ベルモット)
▲朝某施設に行った。それも廃車決定済みの自転車に乗って。目的は過日借りた公刊鹿児島県史料の返還と別な本を新たに借りるためである。ちょうど本のある部屋で会議があり、その本を取り出せないと分った。そこで会の休憩時に取り出してもらうことにして連絡を頼み、市立中央図書館に赴く。小一時間して連絡が来た。何と目指す書籍が見当たらないと。当然あるだろうと思っていたのでガックリ。然らばバスで鹿児島の県立図書館に行こうと思って近くのバス停へ。どうも空模様が怪しい。このまま自転車をここに置いて行くと、帰りには雨の中20分掛けて、異音発する自転車で帰る破目になる。取り敢えず今は先ず家に帰り、出直そうと帰ることにした。自転車後輪は周囲に聞こえるような苦し気な音を発し、私の背を引っ張る感じがする。疲れ切って家にたどり着いた。
▲シャワー浴びてすぐJRで向かう準備をする。JR駅まで家人に送ってもらう。時刻を14分カン違いしていたので、大分待つことになった。12時36分発で鹿児島へ。鹿児島駅で降りて、市電で水族館前で下車。これが大間違い。市役所前で降りるべきだった。町中は灰色にくすんでいる。灰の降る中を余分に歩くことになった。一応マスクで口を覆う。
▲県立図書館に入る。先ずバッグをロッカーに入れる。2階に上がり、2冊選んで、1階に戻り手続きする。ロッカーを開け、バッグを出して本2冊を入れる。すぐ戻ることにした、時間は13時30分。確か過日この時間帯の帰りのバスがあったことを思い出した。電車通りへ向かう。灰を気にして市役所西館の中を突き抜ける。バス停に着いて時刻表に13時37分のバスがあることが分った。しかし時間はもう13時40分、すぐ近くにコンビニがあり、飲み物を買いたいが経験から言えるバス到着時間までの余裕は残り2分以内。コンビニを出た途端に発車するバスを見た経験が蘇る。我慢して待つ。
▲一刻もイヤな灰を逃れたい気持ちが通じてバスが来た。乗って気づいた。このバスの座席数はマイクロバスレベル。理由の一つはバス乗降口が3ヶ所あることによる。私の経験では初めてのことである。ただ最後部の口は使用出来ないように鎖があった。14時35分バスが加治木本町に着いた。家まで歩こうとしたが、雨が少し降る。念のためにとバス停時刻表を見ると家に近いバス停を通るバスが数分せずして来ることが分った。以前私の乗ったバスが着いたと同時に発車したあのバスのようだ。今日一番のツキである。バスはたった一人の乗客の私が降りた後は空気を運んで行った。

★研究作業状況&県民交流センター初入場感想2018年06月24日 06:14:11

県民交流センター
▲参覲交替論稿のエクセル300行以上の見直しも一応最終段階に入った。ほぼ毎日加治木図書館、姶良中央図書館のどっちかに行く。加治木図書館はコピーは係員がする。姶良中央図書館は原則自分であるが頼めばしてくれる。ここは座った席の後ろに本が並んでいるのですぐ作業できる。加治木は係員が奥の書庫から専用台車で運んでくる。1冊1.5㎏の本を3~4冊持って来させるのだか当然である。もっとも姶良でも過日それを用いた。理由は作業できる机に先客があったからだ。ここは早い者が1人だけが作業できる。
▲県民交流センターに行ったのは、ここなら昼食できる店があるだろうと見込んだからだ。その日はその向かい側にあるビルでの研究会に出るために来ていた。入場するとすぐ目の前に施設があった。メニューは多くはカフェメニューで、昼食用はハヤシライスカレーだけが目に付いたので注文した。ちょうど昼食時間だったためか、出て来るまでの時間は意外と長く、ここでは注文受けて一から作っているのかと思うくらいだった。その飯の量は半端ではなかった。我が家の家人なら多分半分以上残すだろうなと思いながら食べた。味は可も無く不可も無し。
▲初入場して驚いたのは意外にも若い人が多い。特に高校生の2人組が四人掛けのテーブルに、ここにあそこにと分散し、テーブルを独占していた。もちろん女子に決まっている。ピンと来た。近くの図書館の学習室を避けてここに来たのだと。ここならダベリながら勉強には最適である。カフェもある、コンビニではないが「県職員生協交流センター店」があり、コンビニより安く買える。
県に言いたい。あのような連中が四人テーブルを占拠している。全てのテーブルを一人テーブルにして並べて置け、そうすればバラシて私でも反対向きに離れて座れる。
▲私がここが出来てから一回も入場しなかった理由は2つ。一つはここが旧県庁を破壊した後に出来ているからだ。あの正面部分をそのまま残して後ろ部分を破壊してこのような施設を作ったのならまだしも、正面の向きが90度回転している。よく分る。台風通過文化の鹿児島では破壊に慣れすぎて、例の五石橋など全く水害に屈しなかった橋も交通上の理由で破壊したのだから。もう一つの理由はここは多分高齢者向けの施設と私が思っていたことによる。多分多くは間違っていないが、あの若者達の出入りはまったく意外であった。
▲近くには裁判所、検察庁、黎明館、県立図書館、市役所西館があり鹿児島駅からも近い距離にある。ただこの一帯は電車通りと国道10号に挟まれている。そしてここを巡るバス便はない。車好きの連中が石橋をわざわざ破壊したように、バス便など考える人はいない。自分の歩行能力が少し落ちてきた昨今何とかしてほしいと思う。
▲画像は県民交流センター写真、10号線側から撮影(2004年、設立1年後)。

★研究作業何とか終る2018年06月29日 20:45:43

椋鳩十文学館横を走る七つ星(2016)
▲参覲交替論稿の再刊に備えての見直し作業も大きなヤマは越えた。最後の難関はいきなり終った。
参覲交替が終った後のことではあるが鹿児島から京都まで、そして江戸まで往復を重ねた人物がいる。島津斉彬の弟久光である。彼は最後の藩主島津忠義(茂久)の実父であり、幕末政治史に名を残した。私の用いた「追録八」や「忠義公史料」では彼の動きを明確に出来なかった。
▲そこで困った時のネット情報頼みをして見た。そこには明確に動きが記されているではないか。この情報何から得た情報かと考えた。私が2史料から得て記した一応の出発日とは違う例がある、京都到着日も違う、中には私の史料にはない発着日さえある。さてはと思いついたのが「鹿児島県史」である。その第三巻は幕末の政情と薩摩藩内の動きを記しているもので、「県史」の域を超えた価値を持つ。先ずは開く。そこで分った。ネット情報の出どころは全てこの「鹿児島県史」であると。ネット情報だけでは訂正は出来ないと悩んでいた私は、この「鹿児島県史」の記事にある文言のうち、久光の鹿児島・京都・江戸の発着日を全て正しいものとして書き替えることにした。今までの資料との矛盾点は残したままである。
▲「鹿児島県史」の記事のさらにその元の出典資料があると分かったので、確認のため鹿児島県立図書館に行った。しかしドジな一日だったような。
●午後加治木駅へ自転車で向かった。高校生が一斉に下校している。歩道は彼らであふれていた。駅は入れないような状態、「ははあ、期末テストが始まったな」と。電車の座席争いでは負けるので必ず座れるバスを目指した。ところがほぼ1時間の待ち時間がある。再び駅へ向うと駅舎はガラ空き。安心して電車に乗ったらエライ勘違い。国分・隼人駅からの高校生で座る席なし。幸い一駅目で空きが出来たのでやっと座れた。高校生は重富駅でいなくなった。ただ向いのホームの国分行きの電車は彼らで満杯だった。
●図書館ではパソコンと資料を取り出して、ロッカーにリュックを入れる。右手でパソコン、左手で資料を掴んで2階のパソコン専用コーナーへ。先客は1人。その資料はすぐ係員が運んで来た。「アッ、ペンがない」。ポケットのペンもない。もう一度ロッカーへ行き、ペンケースを持って来るか。否である。パソコンを開いて、打ち込む作業を始めた。終って机上を整理している時気づいた。ポケットにあったはずのペンがイス下に転がり込んでいた。先客はまだお仕事中である。
●ツキがあったのは、バス停に着いた時である。時刻的にはもうここにはいないはずのバスが来たではないか。バスの乗客10余名。加治木本町バス停で私が降りた後は女性客1人が残った。