★作業はWin10にいじめられつつ2018年09月15日 04:05:05

▲作業は1877年5月25日を終えた。気になったのは以下の記録。筆記人の属する奇兵十三番中隊は大分県竹田を巡って野津大佐の官軍と激闘をしていた。彼は西郷護衛隊(狙撃隊)に属して人吉にいた。数字は算用数字に替えてある。
●同25日晴
○一今日午前2時比、人吉御出立に付、午後2時比より宿主白坂満弥殿と鮎かけに出候而同5時比帰宿いたし候処、同郷之東郷猪輔殿被参候て、書状遺し有之、披見候処、宿元より書状到来に付、受取方として新町岩切喜平止宿へ参り候様相達し、直に暇貰ひ右処江参り、面談候処、左之通り書状参居候○一去る5月16日認之書状、実父江之状今日相達候
○一同5月20日認之木脇伝五左衛門殿より之状、今日相達候、尤鬼塚氏、東郷氏、永倉氏、自身其外衆江連名也
○一帰り掛に岡本正殿処江立寄、暇乞之席に預り相給り、午後7時比帰宿候
○一当隊付夫卒中摩十介、兵隊に加入被仰付、今日当隊より出し候
◎最後から2行目に「暇乞之席」とある。これは彼が西郷隆盛の御供をして宮崎に行くことになったので、かねてお世話になっていた人吉の士岡本正宅でお別れの宴席を設けてもらったことを意味する。そして人吉が官軍の支配下に入ったのは6月1日である。
▲相変わらず、ワードは、「文字種変換」をその日初めてすると、画面真っ白、そして時には勝手に再保存する、その独自のフォルダーに。私は頭に来ながらファイル名を再度記入して保存し直す。体操協会よりこっちをマスコミは取り上げるべきだ。
▲エクセルはほぼ健全である。そんなイタズラはしない。ただ何故か急に「矢印キー」が作動せず‥‥。別名エクセルファイルでは動くのに。
▲画像はアオイ。やたら背が高く、萎むと極端に貧相に見える。

コメント

トラックバック