★次の最後の段階の研究作業へ2019年02月03日 10:47:28

▲研究作業は1877年7月25日から8月17日までの分がやっと終った。エクセルで作成している「修正日記」では年末の12月27日開始していた。そして今日2月3日終った。
①地名説明のモレを追加
②地名説明は、官軍側と西郷軍側で2分して付けている。これを西郷軍側は戦闘地分類単位で地名説明を追加することにした。例えば「長井村(旧北川町長井、国道10・北川)」などは何回も登場することになった。この方が「タブレット」に入れて読みながら現地を歩くには便利だからだ。
③一般的には最後のページに並べるのであろう地名説明であるが、それに似た「地名実数」というエクセルファイルがある。今現在11,585項目ある。
④最近の訂正事例。
●※家田村(家田エダ、旧北川町長井、北川支流家田川、家田湿原)
これは読みを「イエダ」としていたし、実は地図上の場所特定はしていなかったので不完全だった。その特定はヤフー地図であった。さらにネット情報で「家田湿原」の紹介記事を見つけた。そしてグーグルマップでその語句を打ち込むと、元々マップにはなかったのに新しくマークして教えてくれた。この修正で、「枝村(家田エダ、旧北川町長井、北川支流家田川、家田湿原)」、「江田村(家田エダ、旧北川町長井、北川支流家田川、家田湿原)」の2地名も正しく修正された。ただグーグルの車は「家田湿原」案内板前は通っていないので見れなかったのは残念である。
▲次の研究作業は1877年8月18日から9月30日までの最終部分になる。メインは8月18日から9月1日まである。西郷軍の城山帰還行と追う官軍の攻防である。
①8月17日夜、それは可愛岳頂上を目指すことで始まった。
※「西南之役懲役人筆記」(鹿児島県史料「西南戦争」第四巻)
●翌17日未明官兵大挙我塁に攻撃、大小砲を連発すること雨の如し、我兵も奮戦防禦す、敵破ること能はす、道を転し嶮谷を下て同村の田中に突進す、松本某隊を率ひ馳向て直に之を追退く、薄暮西郷隆盛使を馳せて予及ひ貴嶋清・松岡岩二郎を招く、到れは則ち云、「我兵既に已に死地に陥り復生路なし、前日より一方の囲を破らんと欲して進撃已に再ひすと雖破ることを得す、最早粮米も竭き、弾薬は乏く百方策尽たり、以て如何とも為す可からす、因て各大隊の強兵を撰抜し、是を以て一方面を破らんと欲す、故に3人に先鋒指揮を命す」と、3人則ち承諾して帰り、直に精兵150名を率ひ、土人2名を嚮導とし、言語を戒め、闇夜の事なれは白紙を路傍の草木に結付、後進の目的として、午後9時頃密に永井村を発す、西郷自ら中軍を指揮し、後軍も続ひて発す、此路道官兵篝火の間を行こと数ヶ所なり、此路道険峭にして牛馬を過ること能はす、或は木の根を攀ちて躋り、敵の篝火の間を下る、其艱難云ふ可らす、漸く3里許行く、桐野・邊見馳来り云ふ、「官兵の篝火甚熾なれは、暫時此地に兵を按し、全軍一時敵塁を衝破ん」と云ふ、貴嶌及ひ予答て曰ふ、「我等先鋒の任を受を以一歩も止む可からす、唯た進死あるのみ」、不肯して進み行く数丁にして官兵中軍の間を絶つ
※永井村(長井、旧北川町長井、国道10・北川)
◎この記録と類似の内容のものが幾多あるが、少しづつ違っており、今すぐに正解は出せないが、基本的な部分は共通していると思う。

★パソコン&研究作業から2019年02月07日 11:54:49

▲パソコン何でだろう
①起動時デスクトップに出る画像が何で何度も繰り返し出て「お気に入り」へ誘うのだろう。
②最近、ワードでの「検索と配置」画面がファイル共通で使えるようになったのは何でだろう。もっとも大分以前はそうできていたが。
③マウスを動かした覚えもないのにいきなり画面が上に移動するのは何でだろう。
④エクセルの「並べ替え」設定が元の何も設定していない状態に戻るのは何でだろう。そこでそれに備えて、一行目項目の上に設定順を①~⑤までの番号で示してある。用心!用心!
 最近は3万行以上の並べ替えが時間が掛かるので、その必要行部分のみ入れ替えるようにしている。肝心なのはそれらの直近の上の行を一行選んで、それを固定行として演じさせることだ。
▲研究作業は西郷軍の城山帰還戦の部分である。その関係資料からは当初から鹿児島へとあるが、政府側がそれを確信したのは随分後である。以下はその全行程を概略記した官軍側資料から(「征西戦記稿」脱賊追撃記)
●賊は脱兎の勢いにより鹿川方面に出て20日午後遂に中村・篦野を経て三田井街道に突出す、我が追撃兵1隊わずかに追及びたるに賊は篝戸の要害に拠て防禦せり、21日賊遂に三田井に出づ、我兵先ず三田井に至りこれを逆撃せんこと期したるに賊の為めに先んぜられたるは遺憾なり、そこで第一旅団より兵若干を三田井に出し賊の背後を撃たんとして竹迫にて戦を開きたれども兵員寡少にして十分の戦機を尽すを得ず、22日賊遂に馬見原に向へり
※鹿川(シシガワ、旧北方町上鹿川、県道214・鹿川、鹿川越)
※篦野(不明、日之影町か)※三田井街道(高千穂町三田井、国道218)
※三田井(ミタイ、高千穂町三田井、国道218・325・県道50・203、五ヶ瀬川・神代川)
※篝戸(鹿狩戸カガリド、高千穂町三田井、県道237・岩戸川・鹿狩戸橋)
※竹迫(竹之迫、高千穂町向山ムコウヤマ、五ヶ瀬川・高千穂峡谷)
※馬見原(マミハラ、旧蘇陽町馬見原、国道265・218・五ヶ瀬川)
◎かって長く「鹿川」は「日之影町七折」としていたが、どうやらこの頃からは「旧北方町上鹿川」部分、特に「鹿川越」と解釈している。でもなお曖昧な解釈である。なお私は「鹿川越(シシガワゴエ、旧北方町上鹿川カミシシガワ~鹿川越~旧北川町川内名上祝子カミホウリ、鹿川の流れに沿う)」としている。
●然れどもこの警聞早く熊本鎮台に達し、同台より予め兵若干を出し、かつ多く篝火を焼き、疑兵を張り、土塁を築き、防禦の準備をなすにより、賊は一たび馬見原に向えどもこれに入ること出来ず、かつ我が追撃兵も漸々増加するにより、賊は道を左翼の山間に取て去れり
◎ここで西郷軍は南へ方向転換する。やがて台風下での帰還行となる。
▲画像は鹿川の村落。画像正面を左折して、鹿川溪谷・鹿川越へ(グーグルストリートビュー)。

★研究作業から2019年02月14日 05:37:19

▲1877年8月24日、西郷軍は「鬼神野」を襲う。ここは官軍の物資の中継地であり、傷病兵の施設もあった。ここで官軍石坂軍医が西郷軍の捕虜となった。以下は官軍記録(「征西戦記稿」●巻62脱賊追撃記)。
①石坂軍医及び会計局出仕三澤元雄は已に賊を避け山間を潜行し佐土原地方に出んとし、是夜賊哨に捕はる、賊哨之を鬼神野の民家なる賊の本営に護送す
※佐土原(旧佐土原町上田島、国道219・県道44・三財川)
※鬼神野(キジノ、旧南郷村鬼神野、国道388・小丸川)
②一賊(左腕を截断せし者)石坂に問ふに我軍の位置方畧を以てす、石坂曰く「軍略は医官の与り知る所に非ず、又繃帯所は戦闘線を距る事10余里なるが故に位置を知らず」と、賊又人吉駐屯軍の多寡を問ふ、石坂曰く「中村中佐2大隊を率て前日人吉に赴けり」、賊曰く「子、医官なれば敢て殺戮を加へず、宜く我負傷者を治療すべし、且つ子飢たらん、家に入り酒飯せよ」と
③石坂乃ち入れば、賊凡そ五六十隆盛の左右に在り、隆盛奥室に在り、単衣鳶帔将官の略帽を冠り雙刀を佩ふ、石坂に謂て曰く「子の痛心想ふ可し、然れども今日彼我相分るるを以て事此に及ぶのみ、請ふ、子我負傷者を治療せよ」と
④既にして隆盛筏輿闇に乗じ雨を衝き鬼神野を発す、石坂・三澤も亦護衛の賊と共に発す、鬼神野越の山上に至りて、天始て白し、而して神門の方位銃声未だ止まず
※鬼神野越(茶屋越、旧南郷村上渡川)
※神門(ミカド、旧南郷村神門、国道388・小丸川)
⑤隆盛等渡川村に至て憩ふ、一賊前膊を斬られし者あり蓋し隊長なり、傍人に語て曰く「図らざりき昨日の官兵、彼れが如く倔強ならんとは」と(後に知る、賊の所謂倔強者は畔柳庄太郎にして桑木原より弾薬を輸送し鬼神野に至り途次賊に遇ひ健闘4人に傷く、遂に之に死す、今前膊を斬りし賊は即ち其4人の1なる事を)
※渡川村(ドガワ、旧南郷村上渡川、県道39・渡川)
※桑木原(大桑オガの木、椎葉村大河内、国道265・一ツ瀬川)
◎畔柳庄太郎(荘太郎、別働第二旅団、仙台鎮台、山形県出身)
▲画像はグーグルマップで作成した鬼神野の風景。左の建物が「森の駅鬼神野」。

★研究作業報告&桜画像2019年02月20日 21:09:49

姶良市加治木精矛(くわしぼこ)神社の桜
▲最新作業状況は1877年9月3日である。ほぼこの日に西郷軍城山帰還軍はほぼ城山一帯に囲まれたと考える。官軍は以後3・4日で完璧な包囲網を作る。以下は延岡で降服・帰順した病院患者の9月3日付け記録である。
●頃日創漸く癒へ足力亦漸く加はる、杖に倚りて僅に一二間を運歩することを得、此日一医員来りて書信を手交せらる曰、「某宮崎に行きしに、此書恰も来着せり、子の兼ねて此処に在るを知るが故に齎し来る」と、執って之を見れば家大人よりの信書なり、驚喜緘を開く、書意に曰、「当方時下恙なし安心せよ、聞く汝傷を負ふと、全く書信なければ生死詳かにすることを得す、甚心を労す、今や反正帰順の誠意を表し、病を療して宮崎病院に在ることを聞く、皇恩天と極りなく、此寛宥を蒙る、感戴欣喜次くに涕を以てす、近状果して如何にそや、近く起つこと能はすんば之を報せよ、暇を請うて来り迎へん」と、慈心紙上に溢る、感泣之を久うす、時に風説あり、延岡に蹙めらるゝの我兵遂に囲みを破つて鹿兒島に帰り、所在の官兵を研(斫)り、勢甚猖獗、県地之が為め大騒擾を来し、再び修羅の街巷と変し去り、漸く将に緒に就かんとせし秩序全く紊乱したりと、故に答書を送るの便を得す、其儘になし置きたり
◎兵士の親の心情が見える一文である。西郷軍の帰還で新たな募兵に応じた面々がいる。一度帰順しながら再出兵した者はほとんどが監獄行きとなった。その中には再出兵したが途中で引き返した者もいる。以下はその記録。筆記人は8月15日長井で降服・帰順、のち帰郷していた。
●西郷隆盛再ひ鹿児島へ襲来の際、各郷之巡査を捕縛し至急本営へ護送すへくとの檄文七月二十六日(9月3日)戸長役所へ到着し、其趣旨を郷内に募る、同日南方神社祭礼に付参詣之途中にて、隈之城ものとも猛虎之勢にて刀を帯ひ通行するに遇ふ、何故ならん尋問するに、「我郷内には本営より巡査を捕縛之達しあれ共、郷内には相見得す、貴郷京泊津へ狼狽之由、御方抔何事そ、賊(西郷軍)等既に市來辺入りたり、猶予するに於ては一族まて殺害せらる」と、其儘駈通る、然るに巡査乗舟出港すると承ると雖も傍観しかたし、一時其場を逃れん為め其儘杖或は棒等を携へ京泊へ立越候所、案外逆風滞舟故、直に衆議し、一旦帰順し再ひ方向を過るに於て容易ならさる次第と決議し、其儘引取候
※南方神社(旧川内市向田ムコウダ町諏訪平の神社か)
※隈之城(クマノジョウ、旧川内市隈之城町仮屋馬場、国道3・県道313・隈之城川)
※京泊津(川内港、旧川内市港町京泊、県道44)
※市来(旧市来町湊町、国道3・県道308・大里川・重信川)
※京泊(キョウドマリ、旧川内市港町、県道44、京泊天主堂跡)
▲我が町の私が知る一番早咲きの桜(河津桜系か)が満開である。画像は島津義弘を祭る精矛(クワシボコ)神社参道の桜。

★研究作業報告ほか&桜2019年02月23日 20:22:59

加治木町日木山の桜
▲エクセルの動きがおかしい、だけどそれいいことだ。私の研究作業ではエクセルは「手動」にしてある。「自動」では操作が鈍くなるので。ところがたまに無関係なエクセルファイルを立ち上げると、自動的に「手動」のままなので困る。そこでこのファイルのため「自動」に切り替える。しかし終った時、また「手動」にして置く必要があった。ところが過日これらの操作が不要で助かった。何故かは分らず。
そして今それを実験してみた。元に戻っていた。切り替えが必要であった。あれは私の夢の中の出来事だったのか。
▲1877年9月1日西郷軍が鹿児島に帰還した日から続いていた分類項目が「再出兵」に関する項目である。9月7日の記録にはそれが全くなくなった。もっとも9月10日・12日にはまた出て来るが。
●会ま城山より大斥候3名廻郷す、右に示談し同7日粗々隊を編制して押伍3名を撰み先に繰出さしめ、余は猶留りて之か三官となる可き者を募る、然るに先発の隊は谷山郷野頭迄繰込敵を窺へは、谷山麓市中には巡査兵・番兵厳重なり、我先発の人数は悉く無銃なるか故、如何ともすること能はす、空しく火ノ川原迄引揚一泊し
※城山(鹿児島市城山町、城山展望台)
※谷山郷(鹿児島市上福元町麓、永田川)
※野頭(ノガシラ、鹿児島市下福元町、国道225・226・野頭川)
※谷山麓(鹿児島市上福元町麓、永田川)
※火ノ川原(火の川原ヒノコラ、鹿児島市平川町、万之瀬マンノセ川)
◎官軍側(「征西戦記稿」)記録では唯一の抜け穴とされた道も塞いだとあるので、「再出兵」が出来ない状況になっていたからでろう。ただ依然県内各地で募兵活動があり、以下はその一例。この脅迫めいた募兵に抵抗したこの筆記人の名前を見て「なるほどこの人らしい」と納得した。枕崎の士である。
●同7日晩有馬彌兵衛と申者突然自宅へ参り、「自分儀西郷隆盛等の後軍本営より下潟諸所募兵方申付られ郷々巡回候処、外郷も追々帰順人数も出兵相成候に付、当郷帰順人数も不残出兵不相成候ては不相済事候間、如何之事に候哉、亦御方は如何之存慮に候哉」と、勢ひ甚敷問ひ掛候に付、「当郷之儀は一同前非を悔悟致帰順候上にて、再ひ出兵の存志は1名も有之間敷、自分儀は謹慎中殊に此間より入檻いたし居候処身体疲労、今更出兵之志無之」段相答へ候処、「兎も角此辺之帰順人数は勿論、其外壮健なる人員手広之場所へ集会を催し呉候様」申立候に付、「其儀も自分より催候儀不相叶」と、種々弁解致候処、終に「外郷へ巡回之外無之」との事にて自宅を出立申候
※下潟(シモガタ、下方、旧吹上町・旧加世田市など)