★JR九州の切符買えました2019年12月03日 08:56:15

ポインセチア
▲過日家人が3回、私が1回加治木駅に行き、やっと買えました。そのいきさつは以下の通り。
①1回目は「3日間乗り放題」の注文書部分を印刷して家人が出かけた。すると、電話で家人が言うには「Web会員証」のプリントが必要だと。
②私はすぐに「JR九州Web会員証」印刷。家人がまた持って行った。ところがまた電話が来た。「この会員証ではない」と。
③これが「ハロー!自由時間クラブ会員証」のことと分かるまで時間がかかった。JR九州のネット上をさまよった。
(1)「3日間乗り放題」の注文画面の右にある、「自由時間割引を予約する」をクリックして入るべきであった。
(2)その前に②で持たせたプリントの上に「ハロー!自由時間クラブ」とあり、「会員証」が赤地に白抜きで書かれているではないか。ネットに戻り、それを見つけてクリックする。その会員証画面が出て来て、「印刷する」が赤地に白抜きで書かれている。印刷して3回目のお出かけには私もついていった。
 やっと目的の切符を買えた。会員証(印刷)は必ず切符と同時に持参するようにと注意があった。
最後に駅員が「ジパング倶楽部」会員ならいっしょにネット登録したほうがいいとアドバイスしてくれた。切符を買って帰った後、これがあのログイン後の画面の一番下にある「会員情報変更」からすることだと分かるまでまた時間がかかった。
家人の方はスムーズに済んだが、私の方はうまく行かない。理由は「パスワード変更」部分に「新パスワード」が入力されていないとの警告が出るのである。私はその気はないのであるのに。ただ何故か私の画面では最初から「パスワード変更」部分に「●●・・・・」と既に打ち込まれて、「変更」が既定事実にしてある。さあ、どうする。
私はその「●●・・・・」をDeleteとキーで消した。変更するつもりはないのだから。そしてやっと作業が終わった。
ここで再度家人と私の「ハロー!自由時間クラブ会員証」を印刷した。会員種別欄の「ハロー!自由時間クラブ」の文字が「ハロー!自由時間クラブ(ジパング)」となっていた。大事に切符といっしょに保存した。何故か無料の往復座席指定券付き。
▲画像は家人が撮ったポインセチア。

★「大日本地名辞書」索引の一部打込み中2019年12月05日 20:30:55

▲これは(画像参照)途中で止めるかもと思うようなゆっくりとした進行である。過日、国会図書館から吉田東伍の有名な「大日本地名辞書」をダウンロードさせてもらった。
この地名辞書に私の探している地名があるかどうか、一々膨大な情報の中から見つけるのは困難である。仮に自分で地名検索ファイルを作れば楽になると考えた。
実施し始めたが今はやっと「ウ」の部に入ったところである。PDFの126コマから始めて次から140へ入る。コマは1ぺージに、縦書き26地名が7段に並ぶので合計182地名がある。
実は私が作るのは東伍氏の全地名の索引ではなく、九州・山口の地名のみの索引である。表題の如くである。だから画像の左にある140コマの最後の27段には「臼間野」と「碓井郷」しかない。そこにある26地名中の2つである。
※「27」は奇数ページの7段目。偶数ページなら「17」である。コマは偶数で始まった。
▲まだ始めたばかりなのにやや悲観的なのは今までの500余の地名には、私が探している地名は無い。一つでもあれば勢づくのだが。加勢いあただきたいが、こんな作業をするのはみんな嫌がるであろう。コマ数240までが終ることがあるとすれば桜が咲くころだろうか。いやアジサイの散る頃であろうか。
 これまでの500余の内では1位「筑前」82、2位「肥後」72、3位「肥前」70。下位3つは「筑後」16、「壱岐」15、「対馬」9。
▲画像で薄灰色部分「ウスイゴウ」には、「=PHONETIC(D520)」の関数がある。