★関門トンネル人道突破なる2020年01月04日 10:49:35

▲福岡県に3日旅した。2日目に前から行きたかった門司へ向かった。九州最北端の地を見たかった。門司港駅で降りてしばらく散策する。海峡を渡る船もあるのでそちらへ向かう人もいた。計画ではここからトンネルを通って下関へ行くことなので、バス停のある駅前に引き返す。
 バスの乗客のほとんどは観光客で、老若男女様々。アジア系の方もあった。バスは74番だと分かったが、行く先の違うものがあるので必ず「和布刈(メカリ)」行きと確認するべきだ。13分で関門トンネル人道口バス停に着く。先ずは、建屋はないが海に向かって立っている和布刈神社鳥居下で記念撮影。親切な美人姉妹が撮影してくれたので、お返しに撮影してあげた。
 入ると(入場料無料)、すぐエレベーターがあるので乗って下へ降りる。いつものクセで、乗ったらその扉の方向に身体を向けていた。ところが出口は私の背中の方向であった。いろんな案内があるので記念撮影数枚。いよいよ歩き始める。道は高さもあり、幅は3mぐらい、ペンキで区切られた往復の道、長さは780m。下関方向の矢印を確かめて歩く。初め500m余は下りである。情報にあったようにここをジョギングする人が結構多い、親子連れも走っている。下関側から来る人も多いが、歩くのに支障はない。途中に「福岡県・山口県」の境界線があって、記念撮影する人で若干混み合う。スキを見て私も撮影した。ここを越えると後半380m余は少しづつ上がり始める。その状態は終了地点が見えても続く。後〇〇〇mの案内があるところで、きつくて一瞬深呼吸一番、立ち止まって休んだ。目の前を幼児が走って過ぎた。
 出口の下関側もいろんな案内がきれいである。再びエレベーターに乗る。そしてまたいつものクセが出た。下関側にある平家滅亡の壇ノ浦古戦場、幕末の長州藩砲台などを見学する。大きな大砲から音と白煙が轟く演出が観光客を驚かす。
 時間の関係ですぐ下関駅行きバスに乗る。見たい場所も次々現れるが、途中下車することなく駅へ到着。今度は本物の関門トンネルを通って門司駅で再び門司港駅に乗り替える。この判断はミスだったかも。門司港レトロ名所巡りは疲れた身にはきつすぎた。駅前の店で有名な焼カレーと地ビール1杯だけで終った。店に列車時刻表があり、まだ間に合うと駅へ急ぐ。そこには発車寸前の久留米行き快速電車があり、息を切らしながら飛び乗った。実はこの電車は時刻表のそれより少し前のものであった。電車は大変混んでいた。13時03分門司港発の電車は14時34分、10分遅れで博多駅に着いた。遅れた原因は車掌の説明では踏切で車が立ち往生しているとのことだった。是非罰金を取ってほしい。
▲画像は人道門司口にある撮影スポット。前や横に立って記念撮影する。

コメント

トラックバック