★記録見直し作業一応終わる2020年05月28日 10:26:50

▲記録の見直しで大変だった。何せ私が旅の中で見た風景は13年以上前のことである。記録に残した地名等で一番頼りになるのはお寺や神社。これはほぼ改廃はない。また郵便局も今のところほぼ変わりはない。農協と信用金庫は統合・改廃、そして何と長ったらしい名前になるんだろう。一番改廃されたのは道脇の道標(みちしるべ)や貴重な説明板である。私の撮影した4000枚余の写真に残る風景は今や過去の生き証人となっている。ただ私の家周辺ですら、古い家は次ぎ次ぎと新しく変わる。店の改廃も激しい。平成は昭和まで残ったよきものを全て捨て去ったのか。
▲相変わらずパソコンのこと。
①パソコンでブツブツ言いながら(「何で変えたんだ」)地名等を訂正しながら作業する。そして私がキーボードに触れる。そのタイミングでワードは自動保存作業を勝手に始める。当初10分毎の作業を少し遅らせたのだが。しかもその後私が触れると日本語変換が消えていて、コツは何でもいいから別ファイルにアクセスすると元に戻って、右下に「あ」がある。
②エクセルは時々打ち込みができなくなる。どうやら別のファイルで作業したから、まだこちらは動きませんということのようだ。これも同じようにすると動くようになる。
③今DELLのサポートを受けてインストールする作業するが、これがイマイチ分からない。そのうち再インストールにでもなるのか。DELL機への一番の不満はバッテリー交換が簡単には、いやいや個人ではほぼできないことだ。もっともデスクトップ代替として購入したのだからまあいいかと電源コード一式は予備を買ってある。
▲画像は5月13日の開聞岳。前後撮影した画像の中でこれが最上の映り具合でした。
特攻機に乗った若者がここを周回して向かったのではあるまいか。

コメント

トラックバック