★久しぶりにブログを書く2020年09月19日 23:05:06

蝶(9月9日)
▲8月26日以来である。特に書きたい話題もない。特に2007年に終えた私の旅の記録の書き直しに集中していたことが大きい。それがもうすぐ終わる目途が立った。目標は毎日旅の記録1日分を終えることだったが、コロナのお蔭でそれが可能だった。誰も訪ねて来ないし、自分もストレス解消に往復1時間半の自転車行を繰り返すだけ。店もほとんど寄らず、人にも会わず、ひたすら電動アシスト車を漕ぐのみだった。実はこれが楽しかった。大敵は雨であるが、夏の雨はミスとシャワーと割り切っている。ただいつぞやは、雨の中、少々だろうとたかをくくって出かけたら、とんでもないドシャ降りで、肌まで水に濡れた状態で帰り着いた。
▲私の作業中に私のパソコンは嫌がらせを繰り返した。
①ワードは、私が修正部分を考えていよいよ打ち込む時、急に「自動保存」を始める。終わるまで私はイライラ。終わって毒づく。それはなんと何故か日本語入力(右下に出る「あ」)が出来なくなる。これはいつもではなく何らかのタイミングで起きる現象。そこで居並ぶファイル名を、2つぐらいクリックすると、画面右下に「あ」が出る。それからワードに戻る。解決は簡単である。「自動保存」をストップすればよい。でもそれは迷う。
※今、「まよう」と打ち込み、「変換」したら、「●要」と出た。すぐ「迷う」に替えた。誤変換の親切なご注意が来た。監視されている?
②エクセルはあるファイルの場合、時々応答しなくなる。固まっていて矢印キーで動かない。入力もできない。ただマウスでセルのクリックはできる場合もある。そこでほかのエクセルファイルを動かしてから戻ると回復している。
③ときどき入力が文章中でできなくて、画面の左上に小窓ができて、そこに打ち込むことになる。知らないうちに元に戻っている。
▲間もなく9月24日が来る。明治十(1877)年西郷隆盛終えんの日である。私の資料から一文を。
9.第四旅団★最後の塁攻む:(9)
①賊尚ほ一塁(鮫島元吉の邸前に在る者)を保つ、援隊の森林中に在る者之を包撃す、賊益々窮す、此際西郷隆盛の屍(頭顱なきもの)を路上に得たり※鮫島元吉(鹿児島市城山町12番、JR日豊線)
②此時賊四圍の攻撃を受け、悉く谷口の一塁に聚り抗戦す、我兵之に死する者亦尠からず、此塁や形偃月を成す、狭小にして衆賊を容るるに足らず、衆賊蜂擁集銃剣戞撃肘臂支吾し、人々自ら闘ふ能はず
③是に於て兵を分ち塁上の邸趾より銃槍を以て迫り吶喊して衝突す、継て諸軍四面より至り銃口を攢めて一塁を注射し、終に之を鏖殺す、賊皆二三弾の傷痍を負はざるなし、賊魁蓋し此に斃る
④阪元少佐等屍を撿して桐野を得、尋て又村田新八・桂久武・池上四郎・別府晉介・邊見十郎太・高城十次郎・郷田正之丞・山野田一輔・岩元平八郎・蒲生彦四郎・石塚長左衛門等以下40余名を得たり(賊魁の屍は悉く其首を刎たり)
⑤諸軍乃ち凱を奏す、時に7時30分なり【30064205●巻64城山戦記】
◎この日山縣参軍以下の幹部は主要人物の首実検をする。そして城山には見物人も入り込み、療養中の兵士は大変困惑したと日記に残している。
▲蝶はコロナには関係ないのか。今もまだ時々飛んでくる。写真は9月9日、我が家の庭で。

コメント

トラックバック