★地名解明作業&DELL機2020年10月02日 11:35:35

庭の蝶
▲不明地名1403の解明作業の中で「▲」と分類したものは「なお検討が必要」となっている。それを何とか「●」(「ほぼ完成」)に格上げする作業をした。どうしても無理だと思う地名が90残った。全く手が付けられない1090と合わせると不明地名は1180となった。その解明業は多くの方の協力があって可能となるであろう。ひたすら私の資料CD版を配布するしかない。
①以下はある事例、大胆(無謀)な発想で解明したものである。
文は「征西戦記稿」8月25日の記事。西郷軍は8月18日可愛嶽を突破、鹿児島へと向かっていた。官軍は追い付けず、行方に関する情報は錯綜していた。
▲②是日午前熊本鎮台兵報じて曰く「七山の賊、小原川に沿ひ、立石・田代・八重原諸町を経て将に山陰に出んとす」と、午後果して警報あり「賊兵山陰口を侵す」と※小原(オバル、旧西郷村小原、国道327・耳川・小原橋)※立石(旧西郷村立石、国道327・耳川・立石橋)※田代(旧西郷村田代、国道327・388・耳川・田代川)※八重原(旧東郷町八重原迫野内、国道327・小丸川・八重原大橋)
実は「小原」は「小原川(不明、‥‥‥‥)」となっていた。付近にそのような川はない。そこで私は原文と照合した上で、「小原川に沿ひ」の部分を「小原より川に沿ひ」と解釈を変えた。小原・立石・田代・八重原はいずれも大河の耳川に沿っている。文意通じる。そして原文には元々「より」の2文字があったのではとすら思っている。
▲DELL機の復活で困ったのがFirefoxである。今まで並べてあったネット情報は全て消えていた。対してGoogle Chromeはちゃんと元に戻った。確かゼンリンのバス停マップがあったはずと今に至るも見つからない。
▲画像はいかにも元気が尽きたような感じの蝶。約3分余りポーズをあれこれ作ってくれた。DELL機にあった画像縮小機能のネット情報も消えているので、プリントスクリーンしてペイントで作成した。