★不明地名解明作業は県単位で進めている2020年11月05日 05:35:24

花と蝶2匹
▲現在、1400余あった不明地名総数は1395件、何とか解決できたもの288件、残り1107件が未解決のため依然作業中である。
①作業は県単位で行なうようになって作業スピードは上がった。これは解決スピードではないのだが。先ずいつも開いている地理院地図は同県であるので動かし易い。今はさらに市町村単位での作業をしている。より細かな範囲で見れる。
②その結果として多分同地名を示すであろうが、異なる字句の地名をいっしょに見て比較することができる。
例1:鳳満峠・宝満越・ホフマン越・方万越‥‥正確な名称と位置は不明。
例2:蜜柑ガ関・密柑ノ関・蜜柑ノ関・三カンノ関・蜜柑ヶ関‥‥正確な名称と位置は不明。
例3:雀ガ原・雀ヶ原・雀原と滑岡・滑ノ岡・滑ヶ岡‥‥共に正確な名称と位置は不明。
 残念ながら解決できていない。このように表現の違う重複事例は結構ある。
▲現在は熊本県を解明する作業中である。ここには不明地名のほぼ半数が含まれている。頼りとするのは、平凡社歴史地名大系、地理院地図、グーグルマップ、マピオン地図など。以下は最近の解明(?)具体例。
①サナキ(不明、球磨村)→サナキ(和奈木ワナキ、芦北町白石、県道272・球磨川・和奈木川)※正確な地図上の位置は分からない。
◎なぜ「サナキ」を「ワナキ」としたか。「サ」は「ワ」の間違いと解釈したからだ。
②坊城(不明、旧阿蘇町)→坊城(坊中ボウチュウ、旧阿蘇町黒川、国道57・県道111、坊中郵便局)
◎「坊城」は存在しない。「坊中」は実在する。
③大正解は人吉市の「紅取山」。今までどうしても解決できなかった。唯一は球磨川に架かる「紅取橋」だけだった。解決のきっかけはネット情報探索中に「紅取丘公園」と出てきたことであった。かくして、以下のようになった。
紅取山(不明、人吉市中神町、球磨川・紅取橋)→紅取山(356.2m、人吉市中神町、紅取丘公園・球磨川紅取橋)
◎ここは西郷軍が根拠として人吉防衛の一拠点としていて、この地名は11回登場する。その最初の一文(「征西戦記稿」5月31日)(未訂正)。
●先鋒(斥候を置く)進んで栗林村に至れば小流あり、賊其橋板を撤して僅に半に及ぶ、因て必ず近傍に潜むを知り、兵を縦て捜索するに果して前面中神村に在り、胸壁を村後の田畝に列築せり、又球摩川を隔て賊の紅取山上に伍を成し徃来するを見る、先鋒先ず橋を修む※栗林村(栗林クリバヤシ、球磨村渡ワタリ、国道219・球磨川・小川)※中神村(人吉市中神町、県道15・球磨川・紅取橋・天狗橋)※紅取山(不明、人吉市中神町、球磨川・紅取橋)
▲画像は花と蝶2匹