★西南記伝&36+3撮影2020年12月05日 10:40:12

▲西南記伝はパソコンが文字を覚えていて打ち込み易くなり助かっている。ただ簡単な変換ができない時、「?」である。辞書に並べてある自分の読みかたで作成した字句もその読みを忘れていたが、少しづつカンが戻り始めた。
●「盡く・悉く」は本来は「ことごとく」だが私の辞書では「じんく」・「しつく」
●「勝敗を決するに至らず」の常用字句は「しょうはい」である。
●「第十四連隊」は「じゅうし」、これはつい「じゅうよん」と打ち込んで失敗する。
●人名は姓ではなく、名で打ち込む。これは昔のNECのパソコンの「一太郎」以来の原則だ。姓と名が出るようにしてある。
▲西南記伝(今、「せいなん」でこの文字が出た)より(算用数字化、一部略あり)
十 横平山・五郎山・田原・二俣の戦闘
①9日、第一旅団は黎旦より開戦し、午後6時1大隊を右翼より迂回させ、薩軍背後に出でしめ、前後夾撃、横平山の堡塁3座を占領せり、横平山は官軍牙営の側面に聳峙し頗る要害の地と為す
②此日、両軍屢ば之を争ひ、一取一奪、戦ますます激し、第九連隊の1中隊(二大二中)は右翼に向ひ、山上の1塁を陥ると雖も援兵なく、遂に薩軍に圍む所と為り、死傷殊に多かりき
③第八連隊の1中隊(二大二中)高瀬より至り、直に二俣に赴き、五郎山の敵塁を攻め、銃撃夜に及び未だ已まず、弾薬全く竭くるに至るも遂に抜くことを得ざりき
④此戦、官軍、彦坂大尉・永田大尉以下15名死し、富田少尉・神保少尉及び吉田少尉補以下75名傷けり
◎3月9日、3日以来1週間、高瀬で勝ったと思う官軍は装備に勝るのでいさかか図に乗っている(私の思い)。この日も有能な士官を失った。薩軍に比べても。私が気にしたのは「③」だ。新着の不慣れな激戦地にいきなり廻された。私に言わせれば新米いじめである。と言うのはこの後にだが、たしか山縣参軍がそれを戒めている一文もある。続くこれ以上の私見は略す。
▲やっと自慢の(?)ニコンでJR九州の「36+3」を撮影することができた。直近の踏切には「39」という自家製の旗を振る女性がいた。ここで撮影した理由は以下の行動のためだ。すぐ私は加治木駅に向かった。そして4分後、駅脇から停まっている列車を撮影できた。今回の画像は4分前のもの。

★西南記伝記事にドキリとした2020年12月08日 22:46:47

▲毎日取り組んでいる「西南記伝」の作業も今は「山鹿の戦」に入った。3月10日三浦少将の第三旅団が山鹿方面を担当する。その最初の戦いを「西南記伝」は「十一日」とする。一応済んで確認のため「飫肥隊」がよく描かれているので私の「西南之役懲役人筆記」のそれを開いて見た。こちらは「十二日」とする。ドキリとし資料大幅修正を考え暗然亡失である。次に「征西戦記稿」で突き合わせて見る。こちらは「十二日」。一安心。さらに「靖国神社忠魂史」で作成した官軍戦死者の記録を見る。日付は「312」(3月12日)。もう安心である。正解は「十二日」である、エクセル表の「311」を「312」勝手に訂正させてもらった。
どうして「西南記伝」はそうしていたのであろうか。読み返して分かったことがある。三浦少将は10日山鹿に入り、11日午前4時配置を授けた。分かる。当然1日おいて準備し、翌12日「午前4時半」に各隊戦闘に出るが正しいはず。恐らくここで「十二日」の語句が脱落したのだと思う。
「西南記伝」が有難いのは官軍側と薩軍側をうまく対応させて書いてある。私の資料はそれが十分ではない。それをうまく対応して研究する方に提供するのが役目と考えている。
ところで飫肥隊の記事は「西南之役懲役人筆記」の飫肥隊の某の記録とほぼ相応する。飫肥隊は墓所近くの堡塁を三度攻められ失い、三度取り返すという激しい戦いをした。若しかして「墓所」は今もある?
●飫肥隊記録;西南記伝より※表現は変えた部分もある
①午前10時、官軍再び墓地を攻撃し、復た其塁を奪ひしが、飫肥隊直に返戦して之を復せり、日已に午、勝敗未だ決せず
②午後に至り、官軍三たび墓地に逼り、悪戦苦闘、半晌(昼)の後飫肥隊又復た其塁を失ひ、勢甚だ急なり、伊東祐啓大に兵士を激励し終に之を復するを得たり
③此際、米良一穂、小濱氏興頻りに各塁の間に奔走し、鼓舞尤も力むる所あり
④而して守永守、川崎新五郎共に山鹿より来り、本道右翼の塁に在りて、終日激戦、両軍勝敗を決せずして止みき
⑤此戦、官軍の死者17名、傷者208名、伊地知大尉・皆川中尉・加納中尉・石原中尉・高田少尉補死し、飫肥隊死傷10餘名、隊長郡司稔・石川昌等傷けり、飫肥隊戦利品の重(主)なるものは尾栓銃若干挺、弾薬3千餘発なりき※薩軍のほかの死傷記録なし
▲画像は加治木駅停車中のJR九州の「36+3」の一部。

★パソコン2台共にディスプレイで&画像2枚2020年12月12日 09:43:28

▲昼間はDELL機で作業する。今まではディスプレイを使わないために買ったDELL機だからそのまま使用していた。今回変更した理由は「西南記伝」のPDFが原因である。現認して打ち込みするには100%では縦行がきれいに出るが実に見辛い(小さい)。130%以上は欲しい。そうすると、見るために画面を常に上下させねばならない。他方mouse機は当初からディスプレイ(新:3年物)で使うことにしてあって、こちらは150%に拡大して使用できるので作業しやすかった。
▲そこで旧ディスプレイ(10年物)をDELL機で使おうとした。ところがこれは繋ぐには「HDMI」ケーブルのみだ。該当するのは新しいディスプレイだけだ。泣く泣くmouse機はそれを譲った。なお外付けキーボードはLogicoolの同じ物を使っているので、朝夕移動させることにした。今まではDELL機でいつもイライラさせられていたことがあった。それは通常「F8」を押して「かな」を「カナ」(半角)と変換することができるだ、DEEL機では、必ず「Alt」キーを押しながらでないとできなかった。それが今度は普通に「F8」を押すことでできる。
▲課題は2台共に同じキーボードを使っているので使うたびに持ち運びセットせねばならないことだ。そこで終に新品を買う決断をして某大電器店に行った。3000円前後から安くても2500円以上の品が並ぶ。目を疑った。何と820円(消費税込み)(サンワ製)が1つだけある。また「いつもの安物買い」と家人に言われるのを覚悟して即支払った。これが使って見ると実に使いやすい。mouse機で使うことにした。
▲再び36+3撮影に出かけた。狙い目は姶良市西端の重富だ。遠くの山々を見て、今日は見えると確信して開聞岳を撮影するポイントに立ち寄った。久しぶりに目にもはっきり見えた、今日はつきがある。すぐ自転車で急いで西へ移動する。私の今日の狙う撮影ポイントの所で列車の来る時間が近ずいた。そこで思川鉄橋で待ち受けることにした。少し早めにシャッターを切ってしまった。原因はポケットのスマホが鳴り出したからだ(人のせい?)。画像は両方をディスプレイに並べてプリントスクリーンして作成した。

★「西南記伝」打ち込み作業から2020年12月17日 13:18:52

▲作業の意図が変ってきた。当初の目的はその記事の「地名」の説明から、私の「不明地名」の解明に役立てることであった。作業をしながら、この書の元の資料は何かと考えていた時のことだ。何回か私の覚えているフレーズ・字句があり、3000を越える登録辞書が大いに役立つことに気づいた。遅い、もっと早くそうすべきであった。つまり、「征西戦記稿」の私の作成した資料を使うことができそうだと知った。
かくして、先ずその資料から該当部分をコピーして横のセルへ入れる。それを「西南記伝」作成のセルへ必要部分を入れる。そしてPDFを見ながら修正する。このやり方で作業は大幅に速くなった。気ずいたのは、「征西戦記稿」では「賊」・「賊軍」・「賊塁」の字句であるが、「西南記伝」では「薩軍」・「敵塁」と記されている。そして多くの文章が省略されている。つまり官軍側資料はほぼ「征西戦記稿」から成っている(現在は中巻上を作業中)。薩軍側はこれも「西南之役懲役人筆記」の記録を「○○○○の手録」の形で使われているが、これは該当者を見つけるのは甚だ難しい。何人かの「手録」の合成かと思うことがある。
▲ところが今や作業目的が変わりつつある。それは画像にある。私は国会図書館から1回10コマづつダウンロードして集めた「征西戦記稿」を、一語ずつ打ち込んで、資料を作った。当然モレがある。カタカナ書きの訳の分からぬ漢字があり、文意も取れず、疲れる。そしてつい行を見間違いする。再度読み返せばいいが、それはしたくなかった。結果モレが当然あり、気が付き次第訂正した。ワードからエクセルへ、エクセルから再度ワードへ、再々度エクセルへとする中で気が付くことが多かった。そして今気づいたのが「西南記伝」の打ち込み作業をすればこのようなモレが発見できるということだ。このことは本に感謝すべきであろう、「征西戦記稿」を巧に解釈して記述する表現力に感嘆しつつ。
▲画像はモレの修正に関わる作業状態をプリントスクリーンして作成したものこの画像以降は発見していない。

★作業のあれこれ2020年12月27日 08:45:32

▲「西南記伝」を相変わらず打ち込み中である。この日も調子よく進んでいた時、参考にしている「征西戦記稿」の私の資料と違う表現が出て来た。例の「モレ」である。
●以下は「征西戦記稿」1877年4月12日、球磨川沿いの戦の部分。
山地中佐乃ち田邊中尉に令し、半中隊を率て之に向はしむ(一に曰く「田邊の一中隊は月岡の隊と交代の為め横石に赴く、途中賊に遇へり」と)、小川村過ぐるや賊兵遶りて村南の山峯に出てて、球摩川を隔て我兵の右側を射る、対戦之に久うして、賊又上宮山山道より繞りて、我左側の後に出づ、田邊中尉兵を分て之に当る、
◎「西南記伝」と比較する中でモレを発見し、修正した部分は、
「村南の山峯に出てて、球摩川を隔て我兵の右側を射る、対戦之に久うして、賊又上宮山山道より繞りて、」
多分「・・・・賊兵繞りて」まで打ち込んで、何かの理由で中断して、「繞りて、我左側‥‥」と再開したのであろう。中断理由は、電話、来客、トイレ、飲み物等のいずれかであろう。
◎このモレ部分に相当する「西南記伝」の一文は、
「村南の峰巒に出で来り、球摩川を隔てて官軍の右側を射撃し、又上宮山山道より繞りて、」
▲「西南記伝」の「薩軍」側の資料は「戦闘手録」であるが、これは「西南之役懲役人筆記」と言われる資料である。この資料と「征西戦記稿」は私の研究作業の柱である。奇しくも100年の歳月を挟んで同じ方向を向いていると感じる。
ただ大きく違うのは、私は資料をほぼそのまま日付単位に並べ直して研究資料として提供していることだ。決して論文を書いているのではない。それに資料としては更に日記・日誌も50余組み入れてあることだ。
▲画像は今の我が家の庭の寒さに苦しんでいるバラ。庭にあった鉢植え物は今広縁に並んでいる。