★久し振りの大ミス改訂2021年01月24日 01:24:13

▲かって作成過程では日常茶飯事であった改訂作業だ。その多くは「西南之役懲役人筆記」の編集中に突然起きる。「○○日」、これが急に「××日」に変更せざるを得なくなるのである。私の資料は日付単位がキモである。
それはこの日は私の編集した「征西戦記稿」の中で起きた。これは前回の改訂がいつだったかも忘れたが、相当前、いや、日付変更は初めてかも。
その資料は、以下の通リ。
●三浦少将(P22)
是日三浦少将も亦山縣参軍に報ず、其大要左の如し
昨暁まで両度の攻撃皆十分の位置に達するも連絡長大にして一所の混乱より遂に全面の混乱を惹起せり、因て進退共始終大兵を動かすなり、今一策姫井地方より山鹿に迂回せしめば必勝たるべく思考すれども兵衆を得ざれば能はず、姑く時機を待つのみ、現今の景況は彼我共に唯防禦に注意せり云々
◎最初の「是日」を私は「3月17日」と解釈していた。続きの文をよく見ればこれは「3月16日」であるとしたはずであるが。「征西戦記稿」も「西南之役懲役人筆記」もその原資料の状態のままの3資料上では単に「317」を「316」に変えるだけで済む。ところがそれだけでは済まないのが日付順に並べ替えられているエクセル2資料・ワード1資料である。大事な地名説明も付けてある。
●以下はその1つ、「3★全地名検査(3訂)(提供用)200310」を画像で示し、説明する。
「317」から抜かれた資料は今ここに新しい位置「12」を得た。結果縦と横の黄色部分が書き替えられることになった。この資料に地名説明がある。若し「11」までに同じ地名説明があれば「12」での説明は重複するので削除されねばならない。幸いその作業は不要であった。
▲過日、DELL機から大型ディスプレイに繋いで作業していたら急に消えた。見るとDELL本体に画像が出ている。線は、電源は、コンセントはと確認する。最後にDELLの起動ボタンを押した。そのせいかどうかは分からないが、また正しく画像が回復した。気になったのは変な音がしていたことだ。私は外付けハードディスクと思ったが、ひょっとするとDELL機か。

コメント

トラックバック