★パソコンの変調に悩まされて2021年02月25日 11:49:51

▲この夜も「西南記傳」の打ち込みを再開した。いきなり「エッ」となった。私は「殉」という文字を出すために、「じゅん」と打ち、変換の為にいつものようにスペースキーを押す。先ず「准」が出た。当然またスペースキーを押す、すると今度は「順」が出た。三度目のスペースキーを押す。ところが今度はもう出て来ない。2回で終りである。こんな経験はしたことがない。早速ネット情報で探る。あまりピッタリとくる答えがない。その中で、一番納得したのが「再起動」のお勧めであった。これには合点がいった。そして実行したら正解だった。キーボードよ疑って御免な。
▲不調はまだある。エクセルのAのファイルのあるセルをコピーする。それを今度はBファイルのセルに貼り付ける。ところがそれができない。セルの中の文字を全てコピーしての作業なら、可能なのに。またAファイル内でのコピー・貼り付けは可能である。問題はこの不調は気まぐれで大抵はいつものように作業できる。何故か時々起きる現象である。これも再起動で乗り切ったことがあったが、私は数箇のエクセルファイルを同時に動かしているので、その全ていったん保存して再度起動してやり直しが面倒なので、この現象は迷惑千万である。
▲ある時、作業中に、何がエクセルの怒りに触れたのか、セルに打ち込んであった全文が消えた。何故か元に戻す機能が働かず、結局負けた。やり直しである。えてしてこういう時に限って、細目に保存することを怠っている。私の目の前のディスプレイには「保存して次の作業へ」と貼り紙もあるのに。こんな仕打ちを受けると、昔の漫才師の得意文句で愚痴りたくなる。「責任者、出て来い!!」
▲「西南起傳」は、1877年4月26・27日の官軍の鹿児島上陸を記している。その元の資料は「西南征討志」。以下その部分。
●26日、天未だ明けず、春日艦・高雄丸各々小島を発し、テーボル船も亦次出づ、航次雨至り、水靄海を没す、皆大に苦む、春日艦夜11時を過ぐる此ひ鹿児島に達して錨を下す、高雄丸も亦継て至る、是に於て春日艦悉く端舟を卸して高雄丸に遣り先ず巡査若干人をして上陸せしむ、時にテーボル船も亦港口に至り気力を減じて他船の来るを待つ、
●27日、筑波艦・精輝艦・テーボル船・龍驤艦相前後して鹿児島に入り、尋て黄龍・太平・敦賀・蓬莱・隅田・九州・玄海の7船も亦至る、
●因て諸艦の端舟を以て先ず海陸兵及び巡査を上陸せしめ、而して後川村参軍、陸海軍将校を伴ひ上陸して本営を設く、仁禮大佐参謀の事務を執り、有馬中秘史会計を監し、他の佐尉官及び秘書・主計官等各営務を分掌す、
●尋て鹿児島県の警部・巡査を廃するの令を伝ふ、是れ其警部・巡査は皆賊に與し、威を張り民を乱せばなり、又警視官をして県吏の賊に與する者を捕へ、龍驤艦内の檻倉に拘留し、新任県官をして庁務を執らしむ、
◎私は「西南征討志」はエクセル資料は作ったが、研究はしていないので説明は抜く。ただ「7船」は全て三菱会社所有船。
▲画像は梅の木に来たヒヨドリ。ガラス越しの写真。