★いろいろあるな今年も2021年01月12日 11:26:28

▲この日はmouse機で作業中、連続2回起動中の4つのエクセルファイルが消えた。すぐまた復原されるが、ファイル名の後ろにversionの字句が付いている。その部分を消してから再保存する。今までも何回も経験しているが、まとめて4つは初めてかな。この日の2回のうち1つは1ファイルで、行削除した瞬間だった。
 次の日気づかされた。あるファイルのハイパーリンクが見事に書き換えられており、使い物にならなくなっていた。
※教訓:突然の無断消滅そして再起動は不運とあきらめ、決して再保存などはしないこと。親切のウラにワナあり。
▲以下は「西南記伝」の作業から気づいた箇所。1877年2月26日の高瀬の戦の一部分。
①是より先に各隊の寺田に入るや林阜あり、左右に雙峙す、而して薩軍先づ之れに拠れり、別府・力石の両少尉及び青木(貞政)・村本(以政)両中尉は各前衛1小隊を率い、阜を攀ぢて、右顧するに薩軍(熊本隊)約500名林中に散布し、官軍を見て戦を交ゆ、官軍進撃、20mの近きに至り吶喊敵線を突く、時に第一連隊(第一旅団)の2中隊(三大二中三中)亦た第十四連隊と共に敗敵を追ふて此路へ進入せり
②薩軍益す守線を整へ、樹幹を楯とし、拒戦甚だ努む、内藤大尉(正明)其隊(一連三大三中)を率い、吶喊敵線を突く、他隊亦た勇を鼓して之に継ぐ、薩軍亦短兵を以て之に応じ、戰况猛烈、大尉以下死傷極めて多し、而も薩軍後勁の来り代るべきなく、終に退却するに至れり
③是に於て薩軍は散伍を収拾し直に進撃に移りしも、弾薬竭乏せるを以て、姑く進撃を停止せしに、迫田大尉・羽入中尉(方矩)自ら弾薬を齎し来り其隊に分配し、更に諸隊を前進せしめたり
◎「③」の文章の「薩軍」は確かに印字されていた。そして官軍の「弾薬」を受けた「其隊」と同じである。これは明らかに「薩軍」ではなく「官軍」である。元の資料である「征西戦記稿」では「薩軍」ではなく「第一中隊」となっている。そこで私は「薩軍(㊟官軍の間違いか)」と表現することにした。
▲「西南記伝」は実に巧みに「征西戦記稿」の文を表現している。有難いのであるが、何せ漢字が難しい。ついに長く使わず行方不明だった漢和辞典が今や必需品である。
例●後勁(こうけい)●囂然(ごうぜん)●閴然(げきぜん)●柬(かん)●炊爨(すいさん)、いずれも語句登録させてもらった。でも読み方を忘れるのでまた悩むことだろう。最後の「炊爨」は「炊事場」を「炊爨場」と変えてあったので意味はすぐ分かったが、文字を見つけだすのに時間がかかった。
▲画像は我が家の庭の初雪の風景から。

★DELL機初期化余聞ほか2020年10月13日 16:34:54

▲DELL機は十分回復したとは言えない。
①依然新Wi-Fiの電波は受けない。仕方がないので、一番古い「FON」の電波で動かしている。YouTubeなどは切れる可能性がある。通常はLANケーブルで繋いでいる。
②やっとOutLookが回復した。これは私の2つのメールを共に受けることになっていた。私が欲したのはうち1つだけの基本メールなのだが。理由はWEBメールでは「文字化け」するので、プロバイダーのアドバイス文に従がい、OutLookで読み込ませることにしたかった。ところが別メールは読み込むが、本メールは並んでいるが読み込んでくれない。いろいろ手を尽くした。そして最後の手段を取った。別メールをOutLookから削除した。すると何故か本メールが読み込めるようになった。
ところでメールの多くは2社の宣伝メールである。うちA社は私の断りを入れて1ヶ月はくれなかったが、最近こっそり送りつけ始めた。B社は断りに応じたが、「全てを応じるには時間が少しかかる」という返事であったが、今に至るも相変わらず送ってくる。以前週間数十のそのようなメールに困っていたが、今は少しなので「不法行為」を見逃している。
③DELL機でいつものようにエクセルで作業を始めた。何かおかしい。いつも上に並べてあるコマンドが消えている。これは初期化の後遺症である。またコマンドを選んで並べる作業をした。ワードは1つのコマンド追加ですんだ。
▲エプソンの安価プリンターが驚愕の行動をした。ほぼ一か月振りにmouse機に繋いで印刷しようとした。繋いで電源を入れた。途端に印刷を始めた。パソコンからの私の指示もないのに。急きょ電源を切る、また入れる、すると印刷し始める、の繰り返し。かくして紙30枚近く。その中身はハガキの宛名(多分昨年末の年賀状)。昨年12月末の指定が何故今ごろ復活したのだろうか。以後今日まで使わなかったのならまだしも。ほかにもエプソンには悩まされている。研究作業が佳境に入ったその時いきなりダウンロードなどの要望命令がくる。その対応の間研究上の思考が中断させられる。
▲画像は私が他の蝶を撮っていたら、急に視界に入り込んできた別の蝶。何故か葉っぱに食いついているように見えるのだが。

★DELL機再生へ2020年09月27日 12:01:34

▲いわゆる初期化である。これをやると全て御破算になるのでしたくないが、かってはよくそうしていた。1ケ月2回その作業をした時もあった。今は複雑過ぎて怖い。
DELL機にはいろいろ残してくれるとの選択があったので、それを信じて初期化にかかった。その通りに出来上がったデスクトップ画面にいつものファイルやアプリ、ショートカットが並ぶ。しかしFirefox、Google、Googleマップ、Dropboxそして大事なセキュリティソフトが消えている。元あった位置にうすい画像が残っているが、アクセスしたら虚像だった。だまされた。
①そこでこの順番にダウンロードを繰り返して次々と回復させた。それぞれのパスワード等を調べては打ち込むの連続作業だった。
②最後にセキュリティソフトの回復である。これは先ず自動的に入り込んで来た(備え付けの)某有名ソフトを排除しないといけない。そして私のいつものソフトをインストールする。最後はどうしたか覚えていないくらい複雑な作業が必要だった。
▲何とかそれらしく元に戻ったが、以下の問題が悩み。
①Firefox、Google、Googleマップを起動させるが、どうもネットに繋がらない。最新のWi-Fiルーターに切り替えるが動かない。仕方がないのでLANケーブルで接続させている。
②Onedriveが同期できない。
③せっかくこの前設定したアウトルックが見事消えていた。
▲夜になって外付けハードディスクの異変に気づいた。別に不調というのではない。AとBの2つに分けられており、Aに西南の役関係、Bにそれ以外という風に私は決めていた。ところがここは逆だ。ほかの2ハードディスクはこの決まり通りである。ここは共通する区分けにするしかない。
①Aは269GB使用し、120GBが空き。Bは171GB使用し、369GB空き。この「369BG」がミソだ。
②Bに「外付けA用」というフォルダーを作る。これに取り敢えず「171GB」をすべて入れ込む。これは瞬時に出来た今やBには大きなフォルダーが1つあるだけ。そして空きスぺース「369BG」にAの「269GB」を入れるようにした。全て選択そしてコピーである。始めてから40分以上経過したが、コピーできたのは10%(23:00)。結局朝までかかった。私は寝ていたが。
※私のミスは「元々同一のハードディスク内の作業だからすぐ済む」と思い込んでいたことだ。
▲画像は我が家の芙蓉の花。彼岸花とコラボさせたかったが。

★DELL機急病に対応して2020年09月22日 23:59:42

花と蝶
▲困った、困った。一番頼りのまだ新品のDELL機が不調となった。
①遅い。ワードで打ち込むと文字が一呼吸おいて出現する。
②わざわざ少しでも確実に、速くと新しいWiFiルーターに替えたのに、Googleマップが動きが悪い。
③エクセルのあるファイルの打ち込みが突如凍り付く。しばらく別ファイルで作業すると回復している。別のファイルでは絶対起きない!!
まだまだあったが思い出せないくらいだから少々のトラブルだろう。
▲そこで急にピンチヒッターになったのがmouse機だ。ただ私のこの機は軽さで選んだので画面サイズが少々小さい。11インチ?かな。そこでいつも家ではデスクトップのように大きなディスプレイで、専用キーボードを付けて使っている。そこで昼間作業用の広縁には休眠中の古いディスプレイを移設、代りに使い慣れたディスプレイは自分の部屋に運び込んで使えるようにした。ただ毎日mouse機とマウスとキーボードの3品が一緒に行き来するのが手間であるが。
結果は大満足。2日で違和感なく作業できるようになった。そして全くDELL機に起きていた現象はない。
①両ディスプレイ共にワードの文字を「蛍光色」した時に色が薄い。黄色は白色に近く、緑と空色は区別ができない。操作する方法があるのかも知れないが。面倒なので。一般に白い画面が少し変色した紙の色になっている。段ボール色とまではいかないが。
②mouse機はテーブルの下の低位の小テーブルに載せ、そこへ電源・ディスプレイ・USB・外付けハードディスク等のケーブル関係をくっつけてある。移動の際は上記の「3品」だけでよい。
広縁には同種のケーブル関係が準備してある。
▲根を詰めてやっていた旅の記録の再点検もほぼ終わりつつある。気づかされたのは、平成という時代は昭和まで積み上げた歴史を破壊し尽くしたのではないかということだ。私が歩いた時まであった東海道などの古道の雰囲気は、Googleストリートビューで見ると消えているところが少なくない、いや多い。大工事で(そう言えばよく見たな工事風景を!!)道筋も変更され、目にとどめていた遺跡等・案内板・標識もなくなった所は数知れず。結局私は2006年・2007年に存在した事物を見ていたのであり、単にその記録者であったようだ。そしてそれを自認し誇る。あの江戸時代の旅の記録を残した方々に敬意を払いつつ。
※と偉そうに書いたが、見渡せば我が家の周囲もこの数年古民家が消え、新たにそこに4~5軒の片屋根の家が増えている。不思議なことに元の家の姿を思い出せない。
▲画像は黒い蝶。私はもう今年はみることがあるまいと思っていた。

★エクセルの不調は何が原因なのか2020年08月26日 22:20:50

雨に打たれる蝶
▲常時エクセルファイルを4つ以上起動させて研究作業をする。ワードは1つだけである。エクセルの悩みはその「氷結」だ。それは常時発生する。全ファイルでと言いたいが、主に私の旅記録の3504行・22列のファイルでよく発生する。
●突如、セルの字句の編集ができなくなる。クリックしても動じない。矢印キーの上下左右も動かない、セルのクリックはできるが。
対策:ほかのファイル2つか3つを連続クリック(別に何の作業もしない)、そして元のファイルに戻る。ご機嫌回復である。
●入力中に何か文字を入れる(数字も)と突如、求めてもいないほかのファイルが立ち上がり、入力画面となる。
対策:なし。黙って元のファイルに返る。心配なのは私が打ち込んだ文字や数字は空中に消えたのか。そうではなく、もし立ち上がったファイルのどこかに打ち込まれていたら資料が破壊されることもありうる。
●これは関係ないが、DELL機がうるさい。熱も高い。電磁型コロナか。まさかDELL機は武漢で製造しているのでは。
対策:熱さましシートでも貼るか。
▲今日は大雨の中、庭を眺めていたら1匹の蝶が雨に打たれながらも花に噛り付いていた。他方あれほどうるさかったセミはただの一度も鳴き声を聞かなかった。家人とは「セミは終わりか?」と話している。画像は雨に打たれる蝶。