★いつものことながらハガキ印刷ソフトは2020年11月15日 09:58:39

▲時期である。付き合いも減っており、相応するように年々賀状の数も減っている。かって150枚ぐらいを出していた頃とは違う。しかし、相変わらず印刷ソフトに頼っている。私にはその質が悪い、適さない。
①昔の年賀状には十二支揃えていたゴム印を押したものだ。今は選ぶに迷うぐらい十二支のゴム印(電子絵)が多種多様。
◎こんなものが何になる12個で十分。余計なことはするな。
②宛名に両名併記する。多くは亭主殿を立てて1行。その左脇に細君殿の名を記す。ところが私のソフトでは共に漢字2字なら、まあまあだが、漢字3文字だと、姓の横にまで出張って並ぶ。
◎腹が立つので、ついにはエクセルで作成してあったので、使おうとしたら、何故か郵便番号の設定がうまくできず、あきらめて印刷ソフトに従った。
③プリンターがキャノンとエプソンの各1台があるが、本年はエプソンを使っている。
◎何度使っても、先ずキャノンが優先され、即エプソンとはならない。オマケに「接続診断を」との注意まで出てくる。
④「印刷」と表示が3カ所ありどれからでもできるのであろう。
◎何故3ヶ所あるのか、ほかもいろいろ絶対使わない機能が多すぎる。
◎今時は、多くの人はこの時期にだけ使うのだから、もっと簡素化したソフトでいい。そういうソフトも使った経験があるから。
◎何で毎年バージョンアップする必要があるのか不思議である。
▲西南の役当時の日記資料を収集した。しかし私のその関係資料には追加しない。理由は西南の役の西郷軍側の資料ではないからだ。資料は西郷軍壊滅の日、1877年9月24日の記録である。
「●同廿四日曇後雨月暁四時相図砲声ス、夫ヨリ砲声盛ナリ、出張人数皆見物ニ出、早朝永安橋辺へ行候処、賊敗滅ノ報知アリ、故ニ皈ル、県令来ル、十二時後令同行、元浄光明寺へ行、死骸埋方、雨甚シ、夜入本皈ル、」
◎「出張人数皆見物ニ出、早朝永安橋辺へ行候」とある。皆今日が最後と知って見物に出てきた。記録の当人も橋まで行った。
▲どうやらいつもの蝶も見納めかと庭を眺めたら、いた。すぐニコンを掴んで、ガラス戸を開けた。途端に飛び立った。今日の画像は現在の最新画像である。

★地名解明作業続きと新踏切2020年10月06日 15:30:45

▲地名解明作業は一応の目的は達したが、今度は私が全く対応不能とお手上げの「✖」印1100件に無理を承知で取り組んでいる。最初取り組んだのはそのうちの「山名」に関するところだ。地理院地図を元に山の名に相当する高さの山を勝手に選び、ムリヤリ「○○山(186m、旧××町△△、県道□□□近く)」と書き直す作業である。しばらくやって「コリャだめだ」とこの作業はあきらめた。
 今は順序よくすべてを見て、なんとか「▲」印にするようにしている。その多くは「✖」印が「▲」印に替わるだけであるのが悲しい。
▲今日は最近完成した新しい踏切について記す。
画像にある踏切は「茶工場踏切」という。JR日豊本線姶良駅と帖佐駅の間の踏切の1つ。今まで向こう側とこちら側は金網で仕切られていた。その代わりに写真(上)の右(写り込んでいない)にあった、人が渡る狭い「茶工場踏切」があり、狭いのにやたら長い遮断棒(桿)があった。私はいつも元々はもう少し大きな踏切だったのだろうと想像していた。そして現在その元の姿に戻ったのだと思っている。以前よりより大きくなって。近くには現在は茶工場はないが、この写真撮影位置の後ろには生協、ダイソー、ユニクロなどが一体化している。私のお気に入りの自転車ルートでもある。
画像(下)に写り込んでいるのは特急列車。ズレを考えて少し早くシャッターを押した。

★DELL機急病に対応して2020年09月22日 23:59:42

花と蝶
▲困った、困った。一番頼りのまだ新品のDELL機が不調となった。
①遅い。ワードで打ち込むと文字が一呼吸おいて出現する。
②わざわざ少しでも確実に、速くと新しいWiFiルーターに替えたのに、Googleマップが動きが悪い。
③エクセルのあるファイルの打ち込みが突如凍り付く。しばらく別ファイルで作業すると回復している。別のファイルでは絶対起きない!!
まだまだあったが思い出せないくらいだから少々のトラブルだろう。
▲そこで急にピンチヒッターになったのがmouse機だ。ただ私のこの機は軽さで選んだので画面サイズが少々小さい。11インチ?かな。そこでいつも家ではデスクトップのように大きなディスプレイで、専用キーボードを付けて使っている。そこで昼間作業用の広縁には休眠中の古いディスプレイを移設、代りに使い慣れたディスプレイは自分の部屋に運び込んで使えるようにした。ただ毎日mouse機とマウスとキーボードの3品が一緒に行き来するのが手間であるが。
結果は大満足。2日で違和感なく作業できるようになった。そして全くDELL機に起きていた現象はない。
①両ディスプレイ共にワードの文字を「蛍光色」した時に色が薄い。黄色は白色に近く、緑と空色は区別ができない。操作する方法があるのかも知れないが。面倒なので。一般に白い画面が少し変色した紙の色になっている。段ボール色とまではいかないが。
②mouse機はテーブルの下の低位の小テーブルに載せ、そこへ電源・ディスプレイ・USB・外付けハードディスク等のケーブル関係をくっつけてある。移動の際は上記の「3品」だけでよい。
広縁には同種のケーブル関係が準備してある。
▲根を詰めてやっていた旅の記録の再点検もほぼ終わりつつある。気づかされたのは、平成という時代は昭和まで積み上げた歴史を破壊し尽くしたのではないかということだ。私が歩いた時まであった東海道などの古道の雰囲気は、Googleストリートビューで見ると消えているところが少なくない、いや多い。大工事で(そう言えばよく見たな工事風景を!!)道筋も変更され、目にとどめていた遺跡等・案内板・標識もなくなった所は数知れず。結局私は2006年・2007年に存在した事物を見ていたのであり、単にその記録者であったようだ。そしてそれを自認し誇る。あの江戸時代の旅の記録を残した方々に敬意を払いつつ。
※と偉そうに書いたが、見渡せば我が家の周囲もこの数年古民家が消え、新たにそこに4~5軒の片屋根の家が増えている。不思議なことに元の家の姿を思い出せない。
▲画像は黒い蝶。私はもう今年はみることがあるまいと思っていた。

★Picasaの基本画像が正しく並んでいない ▲2020年08月13日 18:23:17

旅歩きで撮りためた4000以上の画像を使って、旅歩きの記録を再確認している。最早自身の歩きの記憶などほぼ確実ではない。
この日は高岡町(現・宮崎市高岡町)から佐土原(現・宮崎市佐土原町)まで歩いたその第3日目の記録を見ていた。そこで記録に不審なところは画像で確認することにした。
●その画像は2002年と2006年の撮影順に整然と並んでいる。私の記憶では画像は全て「名前変更」で最初の画像は、歩いた年=2002」・「月=11」・「日=19」を元に、1番目の画像は「20021119001」で、最後は「20021119067」であるべきだった。
●調べて見ると私は第1日目から5日目まで(鹿児島から宮崎までのコース)では、全て同じ以上のような「名前変更」作業をしていない。第6日目から最後の第46日目の日本橋到着までは、少し表現が違うが基本的にそうなっている。
●宮崎県日向市の細島を目指して歩き始めたのは2000年(第1日目・第2日目)、次は2002年(第3日・第4日目)、さらに2003年(第5日目)と4年掛かっている。そして第6日目から第38日目までは2006年、第39日目から第46日目までが2007年。
●私が初めてデジカメを買ったのは2002年。だから2000年の2回の歩きは画像がない。すべては後年撮影に行ってあつらえたものだ。それなら2002年からはちゃんとできている筈である。
しかし違う。宮崎までの参勤交代路は誰の研究もなく部分的に地元の研究家のみが知っている。それが今のようにネットに出ている時代でもない。私は手探りで歩いた。一番の友は道路地図だ。つまり相当ミスが多く、2006年年末までに再度の歩き、写真撮りまくりに出かけた。これが画像(写真)の混在の原因だ。混在していても今まではPicasaを使用する時には順番に並んでいたから別に不自由はなかった。
画像の順番とPicasaでの順番とは別物と思っていなかったのは大きなカン違いであった。
●結局、今回の第3日目の写真には頭に「1001」からの番号を付けて、名前を書き換え、最後はPicasaの「files」を書き直して何とか上手くおさまった。残り4日分はそのままにしておくつもり。
▲画像はその書き直しの一部、「1001」から「1016」まで。ところで2002年以来のカシオ機は2006年第37日目の旅途中で落下、破損した。キャノン機に替えた。

★新しい作業は平成の歩き旅の記録の訂正2020年08月09日 23:14:15

▲西南の役の未解明1090余にまだ未練は残ったままだ。新しい作業が宮崎までの旅の記録なので、偶然の出会いがあるかもと思いつつ。
 参った。作業に必要な4つのPDFフォルダー(先頭に1・2・3・4が付く)のうち2つが見つからない。「1・2」だ。意外に早く「1」が見つかった。しかし「2」は朝から何度か探してついに、「ここに入力して検索」で大捜索。「4」が見つかっただけ。夜に入り再度捜索開始。作業中のフォルダーの中に変な名前のフォルダーがある。「移動先」で始まるフォルダーだ。ここで思い出した。「3」と「4」を作業するのにジャマだとしてこのフォルダーを作り、この中に「1・2」関係諸資料を入れ込んだのだった。
 かくして作業の体制は出来上がった。
▲西南の役資料は一応終ったので、成果資料を同志諸氏と共有したいと思いDropboxの「共有」を試みた。ネット情報を元に行うが、何とも分かりにくい。いつも思うが、何で人が分かるように記事が書けないのか。結論はいつも同じ。理系人間が記事を書くからだ(持論)。負け惜しみではあるが本当に分からない。「共有」をクリックで終わりにしてくれ。実は数年前遠くの家族に資料を印刷して送る代わりにこれを用いて送付していた。ただどうやってそう出来ていたのか覚えてはいないが。
 代わりにOneDriveで試みた。こっちが「共有」が簡単のような感じがしたが、まだ挑戦はしていない。理由はDropboxの無料容量が2ギガに対し、OneDriveは5ギガだ。だから私はUSBカード代わりに使っているのでこちらは自分用に残して置きたいのだ。Googleのドライブは無料は15ギガでこれはもう10ギガ使っている。これは使いづらい。マイクロソフトを嫌っているような感じである。
▲知人のメールが見事な文字化け。仕方なくメールソフトを使うことになり、Outlookを初めて使用することに。受信・送信情報を打ち込んで何とか使うことに。私はWebメール主義者なのに。次はオンライン会議を作ることに挑戦したい。ひょっとして「共有」は不要に?。
▲未練たらしく1877年7月28日の官軍別働第二旅団の行動記録より。
●是に於て我軍已に悉く漆野・一之瀬・陣之尾の賊を破り、長駆して綾に入り、第四方面兵大平山に拠て哨兵を布く、第二方面兵其左に連絡し川に拠て防守す、第五方面兵又其左三ノ宮より割付山に至るまで守備す※大平山(綾町南俣、県道353・内山川)※三ノ宮(不明、綾町南俣か)
◎「三ノ宮」は私は地名と思い込んでいた。これがネット情報をやり繰りする中で以下の正解を作成できた。
※三ノ宮(三宮ミツノミヤ大明神社、現在は綾神社、綾町南俣)
ほかの地名の説明がないのは、同日付けの先行記録にすでにあるから。
▲画像は私が一番綾に近づいた時の画像(2006年)と2019年のストリートビュー画像との合成。私の旅歩きの3日目に相当する。実は歩いたのは2002年11月19日で、画像は2006年後半を再度歩き直した時のものである。歩き直しは止むを得なかった。当時は情報は道路地図だけであった。