★いつものことながらハガキ印刷ソフトは2020年11月15日 09:58:39

▲時期である。付き合いも減っており、相応するように年々賀状の数も減っている。かって150枚ぐらいを出していた頃とは違う。しかし、相変わらず印刷ソフトに頼っている。私にはその質が悪い、適さない。
①昔の年賀状には十二支揃えていたゴム印を押したものだ。今は選ぶに迷うぐらい十二支のゴム印(電子絵)が多種多様。
◎こんなものが何になる12個で十分。余計なことはするな。
②宛名に両名併記する。多くは亭主殿を立てて1行。その左脇に細君殿の名を記す。ところが私のソフトでは共に漢字2字なら、まあまあだが、漢字3文字だと、姓の横にまで出張って並ぶ。
◎腹が立つので、ついにはエクセルで作成してあったので、使おうとしたら、何故か郵便番号の設定がうまくできず、あきらめて印刷ソフトに従った。
③プリンターがキャノンとエプソンの各1台があるが、本年はエプソンを使っている。
◎何度使っても、先ずキャノンが優先され、即エプソンとはならない。オマケに「接続診断を」との注意まで出てくる。
④「印刷」と表示が3カ所ありどれからでもできるのであろう。
◎何故3ヶ所あるのか、ほかもいろいろ絶対使わない機能が多すぎる。
◎今時は、多くの人はこの時期にだけ使うのだから、もっと簡素化したソフトでいい。そういうソフトも使った経験があるから。
◎何で毎年バージョンアップする必要があるのか不思議である。
▲西南の役当時の日記資料を収集した。しかし私のその関係資料には追加しない。理由は西南の役の西郷軍側の資料ではないからだ。資料は西郷軍壊滅の日、1877年9月24日の記録である。
「●同廿四日曇後雨月暁四時相図砲声ス、夫ヨリ砲声盛ナリ、出張人数皆見物ニ出、早朝永安橋辺へ行候処、賊敗滅ノ報知アリ、故ニ皈ル、県令来ル、十二時後令同行、元浄光明寺へ行、死骸埋方、雨甚シ、夜入本皈ル、」
◎「出張人数皆見物ニ出、早朝永安橋辺へ行候」とある。皆今日が最後と知って見物に出てきた。記録の当人も橋まで行った。
▲どうやらいつもの蝶も見納めかと庭を眺めたら、いた。すぐニコンを掴んで、ガラス戸を開けた。途端に飛び立った。今日の画像は現在の最新画像である。

★DELL機初期化余聞ほか2020年10月13日 16:34:54

▲DELL機は十分回復したとは言えない。
①依然新Wi-Fiの電波は受けない。仕方がないので、一番古い「FON」の電波で動かしている。YouTubeなどは切れる可能性がある。通常はLANケーブルで繋いでいる。
②やっとOutLookが回復した。これは私の2つのメールを共に受けることになっていた。私が欲したのはうち1つだけの基本メールなのだが。理由はWEBメールでは「文字化け」するので、プロバイダーのアドバイス文に従がい、OutLookで読み込ませることにしたかった。ところが別メールは読み込むが、本メールは並んでいるが読み込んでくれない。いろいろ手を尽くした。そして最後の手段を取った。別メールをOutLookから削除した。すると何故か本メールが読み込めるようになった。
ところでメールの多くは2社の宣伝メールである。うちA社は私の断りを入れて1ヶ月はくれなかったが、最近こっそり送りつけ始めた。B社は断りに応じたが、「全てを応じるには時間が少しかかる」という返事であったが、今に至るも相変わらず送ってくる。以前週間数十のそのようなメールに困っていたが、今は少しなので「不法行為」を見逃している。
③DELL機でいつものようにエクセルで作業を始めた。何かおかしい。いつも上に並べてあるコマンドが消えている。これは初期化の後遺症である。またコマンドを選んで並べる作業をした。ワードは1つのコマンド追加ですんだ。
▲エプソンの安価プリンターが驚愕の行動をした。ほぼ一か月振りにmouse機に繋いで印刷しようとした。繋いで電源を入れた。途端に印刷を始めた。パソコンからの私の指示もないのに。急きょ電源を切る、また入れる、すると印刷し始める、の繰り返し。かくして紙30枚近く。その中身はハガキの宛名(多分昨年末の年賀状)。昨年12月末の指定が何故今ごろ復活したのだろうか。以後今日まで使わなかったのならまだしも。ほかにもエプソンには悩まされている。研究作業が佳境に入ったその時いきなりダウンロードなどの要望命令がくる。その対応の間研究上の思考が中断させられる。
▲画像は私が他の蝶を撮っていたら、急に視界に入り込んできた別の蝶。何故か葉っぱに食いついているように見えるのだが。

★地名解明作業&DELL機2020年10月02日 11:35:35

庭の蝶
▲不明地名1403の解明作業の中で「▲」と分類したものは「なお検討が必要」となっている。それを何とか「●」(「ほぼ完成」)に格上げする作業をした。どうしても無理だと思う地名が90残った。全く手が付けられない1090と合わせると不明地名は1180となった。その解明業は多くの方の協力があって可能となるであろう。ひたすら私の資料CD版を配布するしかない。
①以下はある事例、大胆(無謀)な発想で解明したものである。
文は「征西戦記稿」8月25日の記事。西郷軍は8月18日可愛嶽を突破、鹿児島へと向かっていた。官軍は追い付けず、行方に関する情報は錯綜していた。
▲②是日午前熊本鎮台兵報じて曰く「七山の賊、小原川に沿ひ、立石・田代・八重原諸町を経て将に山陰に出んとす」と、午後果して警報あり「賊兵山陰口を侵す」と※小原(オバル、旧西郷村小原、国道327・耳川・小原橋)※立石(旧西郷村立石、国道327・耳川・立石橋)※田代(旧西郷村田代、国道327・388・耳川・田代川)※八重原(旧東郷町八重原迫野内、国道327・小丸川・八重原大橋)
実は「小原」は「小原川(不明、‥‥‥‥)」となっていた。付近にそのような川はない。そこで私は原文と照合した上で、「小原川に沿ひ」の部分を「小原より川に沿ひ」と解釈を変えた。小原・立石・田代・八重原はいずれも大河の耳川に沿っている。文意通じる。そして原文には元々「より」の2文字があったのではとすら思っている。
▲DELL機の復活で困ったのがFirefoxである。今まで並べてあったネット情報は全て消えていた。対してGoogle Chromeはちゃんと元に戻った。確かゼンリンのバス停マップがあったはずと今に至るも見つからない。
▲画像はいかにも元気が尽きたような感じの蝶。約3分余りポーズをあれこれ作ってくれた。DELL機にあった画像縮小機能のネット情報も消えているので、プリントスクリーンしてペイントで作成した。

★DELL機再生へ2020年09月27日 12:01:34

▲いわゆる初期化である。これをやると全て御破算になるのでしたくないが、かってはよくそうしていた。1ケ月2回その作業をした時もあった。今は複雑過ぎて怖い。
DELL機にはいろいろ残してくれるとの選択があったので、それを信じて初期化にかかった。その通りに出来上がったデスクトップ画面にいつものファイルやアプリ、ショートカットが並ぶ。しかしFirefox、Google、Googleマップ、Dropboxそして大事なセキュリティソフトが消えている。元あった位置にうすい画像が残っているが、アクセスしたら虚像だった。だまされた。
①そこでこの順番にダウンロードを繰り返して次々と回復させた。それぞれのパスワード等を調べては打ち込むの連続作業だった。
②最後にセキュリティソフトの回復である。これは先ず自動的に入り込んで来た(備え付けの)某有名ソフトを排除しないといけない。そして私のいつものソフトをインストールする。最後はどうしたか覚えていないくらい複雑な作業が必要だった。
▲何とかそれらしく元に戻ったが、以下の問題が悩み。
①Firefox、Google、Googleマップを起動させるが、どうもネットに繋がらない。最新のWi-Fiルーターに切り替えるが動かない。仕方がないのでLANケーブルで接続させている。
②Onedriveが同期できない。
③せっかくこの前設定したアウトルックが見事消えていた。
▲夜になって外付けハードディスクの異変に気づいた。別に不調というのではない。AとBの2つに分けられており、Aに西南の役関係、Bにそれ以外という風に私は決めていた。ところがここは逆だ。ほかの2ハードディスクはこの決まり通りである。ここは共通する区分けにするしかない。
①Aは269GB使用し、120GBが空き。Bは171GB使用し、369GB空き。この「369BG」がミソだ。
②Bに「外付けA用」というフォルダーを作る。これに取り敢えず「171GB」をすべて入れ込む。これは瞬時に出来た今やBには大きなフォルダーが1つあるだけ。そして空きスぺース「369BG」にAの「269GB」を入れるようにした。全て選択そしてコピーである。始めてから40分以上経過したが、コピーできたのは10%(23:00)。結局朝までかかった。私は寝ていたが。
※私のミスは「元々同一のハードディスク内の作業だからすぐ済む」と思い込んでいたことだ。
▲画像は我が家の芙蓉の花。彼岸花とコラボさせたかったが。

★DELL機急病に対応して2020年09月22日 23:59:42

花と蝶
▲困った、困った。一番頼りのまだ新品のDELL機が不調となった。
①遅い。ワードで打ち込むと文字が一呼吸おいて出現する。
②わざわざ少しでも確実に、速くと新しいWiFiルーターに替えたのに、Googleマップが動きが悪い。
③エクセルのあるファイルの打ち込みが突如凍り付く。しばらく別ファイルで作業すると回復している。別のファイルでは絶対起きない!!
まだまだあったが思い出せないくらいだから少々のトラブルだろう。
▲そこで急にピンチヒッターになったのがmouse機だ。ただ私のこの機は軽さで選んだので画面サイズが少々小さい。11インチ?かな。そこでいつも家ではデスクトップのように大きなディスプレイで、専用キーボードを付けて使っている。そこで昼間作業用の広縁には休眠中の古いディスプレイを移設、代りに使い慣れたディスプレイは自分の部屋に運び込んで使えるようにした。ただ毎日mouse機とマウスとキーボードの3品が一緒に行き来するのが手間であるが。
結果は大満足。2日で違和感なく作業できるようになった。そして全くDELL機に起きていた現象はない。
①両ディスプレイ共にワードの文字を「蛍光色」した時に色が薄い。黄色は白色に近く、緑と空色は区別ができない。操作する方法があるのかも知れないが。面倒なので。一般に白い画面が少し変色した紙の色になっている。段ボール色とまではいかないが。
②mouse機はテーブルの下の低位の小テーブルに載せ、そこへ電源・ディスプレイ・USB・外付けハードディスク等のケーブル関係をくっつけてある。移動の際は上記の「3品」だけでよい。
広縁には同種のケーブル関係が準備してある。
▲根を詰めてやっていた旅の記録の再点検もほぼ終わりつつある。気づかされたのは、平成という時代は昭和まで積み上げた歴史を破壊し尽くしたのではないかということだ。私が歩いた時まであった東海道などの古道の雰囲気は、Googleストリートビューで見ると消えているところが少なくない、いや多い。大工事で(そう言えばよく見たな工事風景を!!)道筋も変更され、目にとどめていた遺跡等・案内板・標識もなくなった所は数知れず。結局私は2006年・2007年に存在した事物を見ていたのであり、単にその記録者であったようだ。そしてそれを自認し誇る。あの江戸時代の旅の記録を残した方々に敬意を払いつつ。
※と偉そうに書いたが、見渡せば我が家の周囲もこの数年古民家が消え、新たにそこに4~5軒の片屋根の家が増えている。不思議なことに元の家の姿を思い出せない。
▲画像は黒い蝶。私はもう今年はみることがあるまいと思っていた。