★Onedriveの同期復活2019年09月06日 10:18:17

★Onedriveの同期復活
▲いつの間にか同期しなくなっていたOnedriveを何とかしたいとネット情報にたよった。マイクロソフトのページに偶然当った。「OneDrive の同期に関する問題を解決する」とあった。その中に「ファイルが15GB」以下であることとあった。これを私はOnedriveでの上限と勘違いした。そこで雑然とした倉庫状態にあった約21GBの資料の全ファイルと全フォルダーを必要なもののみ残すことにした。ダイエットである。相当な時間経過の後の結果は約4.4GBである。これは夜のノートパソコンでの作業だったから翌日のデスクトップ機のOnedriveとの同期が問題である。
そこでさらなるネット情報で、タスクバーにある雲形のマークを「右クリック」、「設定」を「クリック(左)」、さらに「アカウント」を見る。するとそこには「4.4GB/1.039GBのクラウドストレージを使用中」の文字が。あ然とした。私の約21GBはほんの序の口レベルの分量だったのだ。でも折角削ったのだからこのままでと再復活は試みなかった。
▲翌日朝、デスクトップ機を起動すると、そこにあるOnedriveは早速自動的に、削除、削除の連続である。小一時間あまりほっといた。そしておさまった時同期がなされていた。ただし削除できないファイルがあった。それはOnenoteで作成した自分の一文である。Onenoteは単なる「Del」キーでは削除されない。ノートパソコンでは苦労して何とか削除した。しかしデスクトップ機では削除されず残っている。ここではOnenoteのファイルをデスクトップ画面に「移動」させた。そして「Del」キーでそれは消えた。何故だ?
▲同期復活もできたようなので、10時30分過ぎアシスト車で家を出る。バッテリー残量は昨日以来の「50」である。高速道路沿いの道を西へ向かう。県道42に出て北上する。この歩道狭いのだが幸い誰も歩いたりしていない。目的地の「ナフコ姶良店」に到着。求める品がないので帰ることにしたが、久しぶりに遠回りして帰ることにした。幸い空はほぼ曇りである。山田川堤防を上流へ向かう。山田中心地で右折して空港道路県道40を東へ。多少の上り下りを経ていよいよ自転車時代はいつも押して歩いた坂道に掛る。ここでアシスト車のレベルを上げる。今はすでに電池目盛りは「40」。これが「30」に落ちたら山田へ引き返して平地を回って帰ろうと思っていた。ところがレベルを上げていたのでいつの間にか「30」になっている。少し迷った。引き返すよりその少し先の「雛場(ひなば)トンネル」出口まで行こうと決めた。そこに着いてから、このまま進むか引き返すか、または道を「辺川(へがわ)」に変じて帰るかを決めようと。念のため電池を節約しようと、トンネル入り口までの数百メートルを以前のように自転車を押して進む。疲れては数回休む。結局辺川に向かう道を選んだ。辺川からは加治木の小山田へ向かうべきだったが、道を西の「永原(ながはる)」方向に取った。これが難関で、電池レベルを上げたので、上がり切った時は「20」を切って「17」になっていた。しかしここからは下りと平坦な道である。10分強で帰り着いた。レベルは「17」のままであった。時刻は13時15分。
▲画像は「雛場(ひなば)トンネル」手前で休息中の1枚。

コメント

トラックバック