★JR九州の会員になったが2019年11月24日 01:07:39

姶良市から見た開聞岳(9月)
▲JRには新しいネットに対応した会員の特典があることを家人が聞いて来た。現在入っている会があるが、年末年始等繁忙期は使えない。そこでこの新しい会に入会することにした。以下の順次で行なった。
①「ID」にはメールアドレスが必要である。
②専用の「パスワード」を求められる。それには数字・ABC・記号の3種から構成されていないと不可である。どうするか迷っていたら、親切にもわざわざ「〇〇××●●」なる3種からなるパスワードを勧められた。それに従った。実はこれがいけなかったのだが。
③他にもルールがあって、それをクリアして新しい会員になったが、同時に2つの会員になる仕掛けになっていた。
▲数日して、今度はスマホにJR九州のアプリを入れる作業をした。家人の方は順調に進んだ。ところが私の方はパスワード入力で参った。あの複雑な入り混じった数文字・数字・記号組み合わせのそれを、メモを見ながら打ち込んでも「間違い」と出る。何回も繰り返したが。
①そこでこんなパスワードはダメと、新しいのに切り替えを考えた。「忘れた」ことにした。
②取り敢えずは何とか「仮パスワード」を頂くとことになった。
③いよいよ切り替えであるが、スマホではまどろっこしいので、パソコンでやることにした。
④ポイントは「旧パスワード」を求められたことである。それがイヤで今変えようとしているのに。打ち込んで、新パスワードも規定に沿って作成したのでクリック。ところがまたまた何回しても「旧パスワードにミスがある」との指摘である。メモ通り慎重にしているのに。あのイヤなパスワードを眺めてためいきをつく。その時気づいた。「数字・ABC・記号の3種」から成るはずのパスワードなのに、私のメモしたそれには数字が抜けている。そこで気づいた。最初の文字「z」は実は「2」であるべきだと。勢い込んでそのようにして打ち込む。また「旧パス・・・・・・」と受け付けてくれない。
⑤待てよ、ひょっとして「旧パスワード」とは「仮パスワード」のことか。実はまさにそれが正解だった。そしてやっと新しいパスワードを得た。
※スマホ入力が苦手だとして、パソコンに切り替えても、困った。スマホアプリには専用の「ログイン」箇所があるが、パソコン画面では全く違うのだ。普通は「次をクリックしなさい」という箇所があるが、それがなかった。しばらくして、発券申し込み用の入力箇所を使うのだと分かった。某芸人のセリフ「何ていう日だ!!」
▲画像は開門岳。この日はニコンを持参していなかったので、キャノンのデジカメで撮影。それを拡大して、プリントスクリーン、そしてペイントで切り取って作成したもの。赤四角に囲まれた部分が開門岳。手前は桜島一部、錦江湾。撮影は9月。